FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川釣り

活性低く小型1匹のみ_花見川

平成27年10月31日(土)14:00~17:40

[天候]:東寄りの風中、曇り
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :やや濁り
 仕掛けの流れ:下流へゆっくりと


曇り空で東寄りの風がやや強い中、いつもの釣り場へ出撃した。

日差しがなく東風もやや強かったので、釣り場は少し肌寒かった。

川面は左斜め前からの風でさざ波があり、少々やりづらかった。

CIMG1632.jpg

パンを撒いてしばらく様子を見てみたが反応がない。このところの肌寒さで活性も更に低下しているのだろう。

今日は初めからウキ釣りでやって見ることにした。

CIMG1643.jpg

前回と同じく、浮き草の張り出し先を狙ってみる。水深は1.5mほどでタナは底付近とする。

しばらくアタリが無かったが、1時間ほどでウキがゆっくりと消し込んだので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

浮き草の張り出しを避けながら、少々のやり取りで54cmの小型を取り込んだ。

CIMG1648.jpg

更に2匹目狙って続けるが、後が続かない。ポイントを色々変えてみても、アタリが遠い状況は変わらなかった。

日が傾いてやや薄暗くなった頃、ようやく浮いたパンを食いに来るようになったので、浮かせ釣りに変えてみた。

しかし、ポツポツ食いに来る程度で食い込みも悪く、合わせを入れる事が出来ない。

その後は暗くなるまで粘ってみたが、2匹目を上げる事はできなかった。


[釣果]:コイ 54cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

堤防釣り

前回のボウズから一転、多彩な数釣り_太夫崎港

平成27年10月30日(金)13:00~17:30

[天候]:南西の風中、曇り時々晴れ
[場所]:太夫崎港
      赤灯堤防小突堤 先端外側→内側
[条件]
 潮  :中潮(満潮 17:38)
 エサ :オキアミ、ネリックスアミ
 濁り :薄濁り
 仕掛けの流れ:左右へゆっくりと


平日に休みが取れたので、以前からやってみたいと思っていた太夫崎港へ出掛けてみた。

右堤防先端にはカゴ釣りの先客が入っていたが、赤灯堤防の小突堤が空いていたのでそこへ入る。

CIMG1554.jpg

晴れの予報だったが、日差しが少なく南西の風がやや強かったので、釣り場は少し肌寒かった。

CIMG1546.jpg

CIMG1548.jpg

外海はややうねりがあり、港内にも少しうねりの影響が入っていた。

とりあえず、潮通しの良さそうな堤防外側でやって見る。

CIMG1552.jpg

左手は沈み根が張り出していて浅いが、正面から右にかけての船道は水深が3~4m程あり、海底は砂地でほぼフラットな状況だ。

コマセを撒きながら、まずは底スレスレのタナから狙ってみると、程なくしてオキアミが取られるようになった。

魚が寄ったものと思い集中して流していると、直ぐに押さえ込むようなアタリがあり、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

キュンキュンと軽い引きで上がってきたのは、16cm程のヘダイだった。

CIMG1564.jpg

小型ながら開始早々に釣果があり、今日はかなり活性が高いようで数釣りの期待が高まる。

同サイズのヘダイを1匹追釣した後、今度はゆっくりと消し込むアタリがあり、大きく合わせて針掛かりさせた。

グングンと締め込み竿でためてやり取りするが、引きが強くなかなか浮かせる事が出来ない。

根をかわしながら少々のやり取りで取り込んだのは、27cmのアイゴだった。(^_^;)

CIMG1566.jpg

同サイズのアイゴを1匹追釣した後、更に10分程で消し込みがあり、少し大きめの31cmのアイゴを取り込んだ。( ̄ー ̄)

CIMG1577.jpg

底付近で立て続けにアイゴが掛かったが、その後30分程はアタリが取れなくなってしまった。

タナを1ヒロくらいに浅くしてみると、スパッと消し込むアタリがあり、20cm程のメジナを取り込んだ。

CIMG1584.jpg

メジナはその後20~16cmを5匹程上げたが、15:00頃に本日最大の24cmを取り込んだ。━(゚∀゚)━

CIMG1591.jpg

アイゴほどではなかったが、強い締め込みとやり取りを楽しむ事が出来た。

15:00を過ぎた頃から、夕日が正面に来て眩しくやりにくくなったので、試しに内側でやって見る事にした。

CIMG1558.jpg

CIMG1601.jpg
※内側はうねりの影響も無く、穏やかでウキはとても見やすかった

底スレスレのタナから狙ってみると、こちらも魚影が濃く1投目からゆっくりと消しこんだが、写真を撮っていたので合わせる事が出来なかった。(・○・)

CIMG1604.jpg

気を取りなおして続けると直ぐにアタリがあり、合わせると超ミニサイズの13cm程のチャリコが上がってきた。

CIMG1598.jpg

このサイズのチャリコが群れていたようで、その後もポツポツと食い込みトータル7匹を取り込んだ。

16:00頃になると15cm程のチンチンが上がり、更に薄暗くなってから同サイズを1匹追釣した

CIMG1611.jpg

CIMG1621.jpg
※もう少し型が良ければ言う事ないが...

17:00頃かなり薄暗くなってから、これまでより一回り大きい19cmのヘダイを取り込んだ。ヘダイはトータル5匹の釣果となった。

CIMG1619.jpg

完全に暗くなった17:30頃には、良型22、23cmのウミタナゴが上がった。

CIMG1625.jpg

全般に型はいまひとつだったが、多彩な魚種の数釣りを堪能できた。


[釣果]:メジナ  MAX24~16cm×7匹
     アイゴ  MAX31~27cm×3匹
     ヘダイ  MAX19~16cm×5匹
     チャリコ 13cm程×7匹
     チンチン MAX15cm程×2匹
     タナゴ  MAX23~16cm×3匹


にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ
にほんブログ村

川釣り

久々のウキ釣りで何とか小型を確保_花見川

平成27年10月25日(日)13:30~18:00

[天候]:北西の風強、晴れ
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :濁り強
 仕掛けの流れ:上流へゆっくりと


北寄りの風が強い冬晴れの下、いつもの釣り場へ出掛けて見た。

日差しはあったが北西の風が強かったので、釣り場はやや肌寒かった。

川面は右斜め後ろからの強風でさざ波が大きく、かなりやりづらかった。

CIMG1527.jpg
※あまり雨は降っていなかったと思うが、なぜか濁りが強かった。

CIMG1530.jpg

パンを撒きながら流してみるが反応がない。昨晩の木枯らしで水温が下がったのかもしれない。

1時間程やってみたがアタリはなく、浮かせ釣りでは全く釣れる気がしなかったので、春以来のウキ釣りでやって見ることにした。

CIMG1537.jpg

浮き草の張り出し先を狙ってみる。水深は1.5mほどでタナは底付近に取る。

すると、2~3投目で早くもウキがスーッと消し込み、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

直後に沖へ向かって走り出し、川の中間付近までラインを出されてしまった。

しかし、走りを止めてやり取りを始めようとしたときにフッと軽くなってしまった。(・○・)

仕掛けを上げてみると針外れだった。活性が下がっているので、食いが浅かったのかもしれない...残念。


気を取り直して続けると直ぐに2度目の消し込みがあり、大きく合わせてガッチリ針掛かりさせた。

あまり引きは強くないが念のため慎重にやり取りし、57cmの小型を取り込んだ。(^_^;)

CIMG1544.jpg

更に2匹目狙って続けるが、1匹目のやり取りで場荒れしてしまったのか、すっかりアタリが遠のいてしまった。

その後は暗くなるまで粘ってみたが、空振りが2回ほどあっただけで、2匹目を上げる事はできなかった。


[釣果]:コイ 57cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

堤防釣り

久々に訪れるも撃沈_乙浜港

平成27年10月24日(土)13:30~17:20

[天候]:南西の風中→やや強、曇り
[場所]:乙浜港
      漁協対岸の岸壁 左寄り
[条件]
 潮  :中潮(満潮 14:46)
 エサ :オキアミ
 濁り :やや澄み
 仕掛けの流れ:右へやや速く


風が南西の予報だったので、久しぶりに乙浜港へ出掛けてみた。

南西の風だったが日差しが無かったので、釣り場はやや肌寒かった。

CIMG1504.jpg
※晴れの予報だったが曇りがちで、日が差すことはほとんどなかった

CIMG1524.jpg

釣り場には13:30頃に到着したが、いつもの中央突堤には先客が入っていたので、漁協対岸の岸壁に向かう。

港出口寄りは既に埋まっていたので、中央よりやや左寄りに釣り座を構える。この岸壁で釣るのは今回初めてだ。

外海は大荒れで内側にも少しうねりの影響が入り、潮の流れもやや速かった。

CIMG1520.jpg

やや澄んでいるようだったが水深が5mほどあったので、海底の様子は見えなかった。

CIMG1508.jpg

10mほど先にコマセを撒きながら、とりあえず底付近を探って見る。

CIMG1514.jpg

しかし、しばらく続けて見るもたまにオキアミがかじられる程度で、目立ったアタリがないまま1時間ほど経過してしまった。

やや集中力が途切れてしまったので一息入れていると、右隣りのダンゴ釣りの方の竿が大きくしなっていた。(・○・)

少々のやり取りで上がってきたのは、残念ながら特大のフグ(25~30cmくらいはあったように見えた)だった。


その後、風が左からやや強く吹きつけるようになり、やりにくくなったので手前の岸壁寄りを狙って見ることにした。

すると、程なくしてスーッと消し込むアタリがあり、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

しかし、少々のやり取りの後に浮かせようとした所、何と左手前の大きなタイヤの下に潜られてしまい出てこなくなってしまった。

手応えからすると、まあまあのサイズのメジナだったのではないかと思う。
(^_^;)


気を取り直してつづけるがその後は目立ったアタリがなく、暗くなるまで続けてみたが釣果なく終わってしまった。


[釣果]:ボウズ


にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ
にほんブログ村

川釣り

渋い状況も何とか良型を確保_花見川

平成27年10月18日(日)13:30~18:50

[天候]:北東の微風、晴れ
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :普通
 仕掛けの流れ:下流へゆっくりと


昨日とは打って変わってスッキリと晴れた空の下、いつもの釣り場へ出撃した。

風がなく日差しは強かったので、釣り場はやや暑かった。

いつもの場所には珍しく浮かせ釣り先客が入っていたので、少し上流の釣り座に行くとこちらにもブッ込み釣り先客が入っていた。(・○・)

更に上流へ行くと今度はバス釣りの先客が入っていたが、付近の釣り座は幾つか空いていたのでようやく入る事が出来た。この釣り場でここまで混んでいるのは始めてだ。

CIMG1481.jpg

CIMG1483.jpg

パンを撒きながら流してみるが反応がない。昨日よりもかなり活性が下がってしまったようだ。

全くアタリのない状況が続いたので一息入れようとすると、いつのまにか可愛い黒ネコがちょこんと座っていた。(^_^;)

CIMG1485.jpg

CIMG1492.jpg
※まだ体が小さいので若いネコのようだ

そうこうしているうちに先客が全て撤収してしまったので、いつもの釣り座へ移動することにした。やはり今日は良くないのかもしれない。


移動後も渋い状況が続いたが、しばらく続けていると徐徐にアタリが出るようになった。

開始からトータル3時間程でようやく食い込みがあり、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで64cmのアベレージサイズを取り込み、何とかボウズは回避できた。( ̄ー ̄)

CIMG1496.jpg

更に2匹目狙って続けるが、渋い状況は変わらなかった。

その後、暗くなるまで粘ったところでようやく食い込みがあり、大きく合わせて針掛かりさせた。

直後の突っ込みを竿でためきれず、一気にラインを出されてしまった。グングンと強い引きでなかなか寄せる事が出来ない。

寄せては出してを繰り返し、1~2分のやり取りで70cmの良型を取り込んだところで納竿とした。

CIMG1500.jpg


[釣果]:コイ 64cm、70cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

川釣り

中型主体も数は確保_花見川

平成27年10月17日(土)14:30~18:20

[天候]:北東の風弱、曇り
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :普通
 仕掛けの流れ:下流へゆっくりと


日中雨が上がったので、いつもの釣り場へ出撃した。

日差しが無く北寄りの風の影響で、釣り場は少し肌寒かった。

風が弱かったので、川面は鏡のように滑らかだった。

CIMG1455.jpg

CIMG1458.jpg

パンを撒きながら流してみると始めのうちは反応が悪かったが、徐徐にアタリが出るようになった。

しかし、撒きえは食うが付けエサを食わない状況がしばらく続いた。ベタナギで警戒心が高まっているのかもしれない。( ̄ー ̄;)

1時間程過ぎた頃、一つ下流の釣り座付近まで流したところでようやく食い込み、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、60cmのアベレージサイズを取り込んだ。

CIMG1459.jpg

2匹目を狙って続けるがスレた状況は変わらず、更に1時間程かかってようやく食い込み、少しサイズアップの63cmを取り込んだ。

CIMG1462.jpg

更にサイズアップと行きたいところだが、30分程で取り込んだのは61cmで逆にサイズダウンしてしまった。

CIMG1466.jpg

3匹目を上げた後、直ぐにゆっくりとした食い込みがあり、久しぶりに良型のカメを取り込んだ。(^_^;)

CIMG1469.jpg

夕方になると良型が回ってきたようで、大きなモジリが頻繁に見られ良型の期待が高まる。

しかし、暗くなるまで粘ってみたが4匹目は60cmで、残念ながら良型を上げることは出来なかった。

CIMG1475.jpg


[釣果]:コイ 60cm、63cm、61cm、60cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

堤防釣り

竿新調しシマアジGet!_興津東港

平成27年10月16日(金)13:10~16:10

[天候]:北東の風中→北西の風中、雨のち小雨
[場所]:興津東港
      赤灯堤防内側 中央付近
[条件]
 潮  :中潮(満潮 17:44)
 エサ :オキアミ、ネリックスアミ
 濁り :薄濁り
 仕掛けの流れ:左へやや速く


CIMG1450.jpg

休みが取れたので、やや天候が悪かったがいつもの興津東港へ出掛けてみた。

雨が降ったり止んだりと北寄りの風で釣り場はやや肌寒かったが、レインウエアを着ていたので影響はなかった。

CIMG1431.jpg
※どんよりとした雲が垂れ込めていて、時折雨がパラついていた

実は、先日会社帰りに錦糸町のキャスティングで竿を新調していたので、今日初めて使って見た。

こんなやつですぅ(^_^;)

CIMG1416.jpg

CIMG1429.jpg

[諸元]:
 DAIWA 磯上物竿2号 5.33m、230g、カーボン90%
 

釣り場には13:00過ぎに到着したが、内側には誰も入っていなかったので、中央付近に釣り座をとる。

堤防上には外向きに石物師が1名入っていたが、自分と入れ替わりで直ぐに撤収してしまい、赤灯堤防は貸し切り状態となってしまった。( ̄ー ̄)


外海はうねりがあり、内側もうねりの影響で薄濁りが入り、潮の流れもやや速かった。

とりあえずウキ下は1ヒロ半くらいとし、コマセを撒きながら探ってみると直ぐにアタリが出るようになった。


2~3投目でゆっくりと消し込むアタリがあり、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

軽いやり取りで15cm程の小メジナを取り込んだ。

CIMG1435.jpg

更に続けると、直ぐにスーッと消し込むアタリがあり、大きく合わせてガッチリ針掛かりさせた。

グングンと締め込むので竿でためてやり取りするが、引きが強くなかなか浮かせる事が出来ない。

水面下にシルバーの魚体が反転するのが見えたのでイスズミか何かと思ったが、取り込んでみると何と25cm程のシマアジだった。\(^o^)/

CIMG1437.jpg
※このサイズになると結構引きが強く、やり取りを楽しめる

その後、立て続けに同サイズを3匹追加し、シマアジはトータル4匹の釣果となった。

CIMG1450.jpg

しかし、回遊魚らしく30分間程は釣れ続いたが、その後はパッタリと釣れなくなってしまった。

16:00頃まで続けてみたが、小メジナがポツポツ上がる程度で、目立った釣果はなかった。

CIMG1440.jpg


[釣果]:シマアジ 25~24cm×4匹
     メジナ  16~15cm×3匹


にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ
にほんブログ村

川釣り

シラサギに救われる?_花見川

平成27年10月12日(月)13:30~18:00

[天候]:南西の風弱、晴れ
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :普通
 仕掛けの流れ:上流へゆっくりと


スッキリと晴れた空の下、午後からいつもの釣り場へ出撃した。

日差しはあるが気温が高くなかったので、釣り場はカラッとした暑さだった。

CIMG1390.jpg

CIMG1393.jpg

パンを撒きながら流してみるが反応が悪い。このところ朝夕は肌寒くなったので、水温も少し下がっているのかもしれない。

たまにアタリが出る程度で、ほとんど食い込む事が無い状況がしばらく続いていまった。( ̄ー ̄;)

目立ったアタリがないまま3時間程が過ぎ、やや集中力が途切れてしまったので、少し上流の自販機に飲み物を買いに行くことにした。

流れ込みの上流には、ウキ釣りが1人とルアーマンが2人入っていたが、やはり釣況はあまり良くないようだった。


10分ほどで戻ってみると、なんと釣り座付近の浮き草の上にシラサギが来ており、小魚を狙っていた。(・○・)

CIMG1405.jpg

少し近づくとこちらに気づいて飛び去ってしまい、残念ながら小魚を捕まえるところは見れなかった。

気を取り直して再開すると、2つ上流の釣り座付近でようやく食い込むようになったので、移動してみることにした。

移動して2~3投目で早くも食い込んだので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、64cmのアベレージサイズを取り込んだ。

CIMG1408.jpg

スタート3時間半でようやく1匹上げて、なんとかボウズは回避できた。
あのシラサギのおかげかな。(^_^;)

その後も反応が悪い状況は変わらなかったが、ウキが見えなくなるまで粘って
60cmを追釣したところで納竿とした。

CIMG1412.jpg


[釣果]:コイ 64cm、60cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

堤防釣り

アイゴの群れに翻弄される_興津東港

平成27年10月10日(土)13:30~16:30

[天候]:南西の風弱、曇り時々小雨
[場所]:興津東港
      赤灯堤防内側 先端寄り
[条件]
 潮  :中潮(満潮 15:21)
 エサ :オキアミ、ネリックスアミ
 濁り :薄濁り
 仕掛けの流れ:左へゆっくりと


どんよりとした曇り空の下、HGの興津東港へ出撃した。

日差しが無かったものの南寄りの風で、釣り場はさほど肌寒くは無かった。

CIMG1353.jpg

外海がうねりもなく穏やかだったせいか、内側はやや淀んだ感じで少し赤潮が出ていた。

CIMG1360.jpg

堤防内側は中央にダンゴ釣りの先客が1人いたので、初めて先端寄りに入る。

CIMG1368.jpg

この辺りは沈みテトラで7~8m程先まで浅いので、テトラの切れる付近まで遠投して狙ってみる。

CIMG1369.jpg
※海草が漂っていて少々やりづらい

ウキ下は1ヒロくらいでコマセを撒きながら探ってみると、程なくしてアタリが出るようになった。

20分ほどでゆっくりと消し込むアタリがあり、大きく合わせて針掛かりさせた。

グングンと締め込むので竿でためてやり取りするが、引きが強くなかなか浮かせる事が出来ない。

テトラをかわしながら少々のやり取りで取り込んだのは、32cmのアイゴだった。( ̄ー ̄)

CIMG1374.jpg

更に続けるとまた20分程で食い込みがあり、1匹目と同サイズのアイゴを取り込んだ。

CIMG1377.jpg

どうやらこのサイズのアイゴが群れているようだ。

更に10分ほどで3匹目が食い込み、やや小ぶりの30cmのアイゴを取り込んだ。(^_^;)

CIMG1381.jpg

立て続けにアイゴが上がり、やや集中力が途切れてしまったので一息入れていると、ダンゴ釣りの先客の竿が大きくしなっていた。

1~2分のやり取りで上がってきたのは、40cmくらいのクロダイだった。(・○・)

この堤防は5回目となるが、クロダイが釣れるのをみたのは初めてだ。

先客の方によると、今日は朝から3枚上がっているそうで、条件は悪くはなかったようだ。


自分の方は、その後も同サイズのアイゴのオンパレードとなってしまった。

CIMG1383.jpg

CIMG1386.jpg

トータル5匹のアイゴを上げたところで雨脚が強くなったので、早めの納竿とした。


[釣果]:アイゴ MAX32~30cm×5匹


にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ
にほんブログ村

川釣り

良型?バラシて落胆のまま納竿_花見川

平成27年10月4日(日)14:30~17:50

[天候]:東寄りの風中、晴れ
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :やや濁りあり
 仕掛けの流れ:下流へやや速く


昨日に引き続きスッキリと晴れた空の下、今日もいつもの釣り場へ出掛けて見た。

日差しはあるが東寄りの乾いた風の影響で、釣り場はカラッとした暑さだった。

いつもの場所には先客が入っていたので、二つ上流の場所に入る。

CIMG1341.jpg

パンを撒きながら流してみると始めは反応が悪かったが、程なくしてアタリが出るようになった。

開始して2~3投目で早くも食い込んだので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、63cmのアベレージサイズを取り込んだ。

CIMG1346.jpg

早々に1匹目を上げて数釣りの期待が高まるが、その後は何故かアタリが遠のいてしまった。

たまにアタリが出る程度の状況が2時間程続いた後、下流のワンド付近でようやく食い込んだので、タイミング良く合わせて針掛かりさせた。

強い引きを竿でためてやり取りするが、グングンと引っ張られなかなか浮かせる事が出来ない。

1~2分のやり取りで、ようやく71cmの良型を取り込んだ。

CIMG1349.jpg

このところ60cm台ばかりだったので、久しぶりに良型の手応えを堪能出来た。( ̄ー ̄)

更に3匹目を狙って続けると、時合いがきたようで直ぐに食い込みがあり、大きく合わせて針掛かりさせた。

直後の突っ込みを竿でためきれず、一気にラインを出されてしまった。

グングンと強い引きでなかなか寄せる事が出来ない。

寄せては出してを繰り返し2~3分のやり取りで、ようやく手前まで寄せたところでフッと軽くなってしまった。(・○・)

仕掛けを回収してみると針外れだった。取り込みの直前で針が外れるとは...残念。


その後はウキが見えなくなるまで粘ってみたが、針掛かりさせる事は出来なかった。


[釣果]:コイ 63cm、71cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

川釣り

濁り強もまずまずの釣果_花見川

平成27年10月3日(土)14:30~17:50

[天候]:西寄りの風弱→無風、晴れ
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :濁り強い
 仕掛けの流れ:上流へゆっくり


スッキリと晴れた空の下、午後からいつもの釣り場へ出撃した。

日差しは強いが乾いた風の影響で、釣り場はカラッとした暑さだった。

CIMG1326.jpg

今日は珍しく、対岸の釣り座にヘラ師が3人並んで入っていた。

話し声が聞こえてきたが、どうも目立った釣果はないようだった。今日に限らず、この付近で好調なヘラ師はみた事が無い。(^_^;)

パンを撒きながら流してみるが、反応が悪くほとんどアタリがない。

濁りの影響でコイの活性が下がっているのかもしれない。

もどかしい状況が1時間程続いた後、上流の浮き草が張り出したところでようやく食い込んだので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、67cmのまあまあのサイズを取り込んだ。( ̄ー ̄)

CIMG1328.jpg
※体高のあるデップリとした個体だった

更に2匹目を狙って続けると、またしても1時間ほどで食い込みがあり、大きく合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、1匹目と同サイズの68cmを取り込んだ。

CIMG1336.jpg
※1匹目と異なりスリムな魚体だった

更に3匹目を狙って続けると、今度も1時間ほどで食い込みがあり、タイミング良く合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、ややサイズダウンの63cmを取り込んだ。

CIMG1340.jpg
※だいぶ日が短くなり、17:30過ぎで薄暗くなっていた

ウキも見辛くなっていたので、このタイミングで納竿とした。


[釣果]:コイ 67cm、68cm、63cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

プロフィール

英の坊

Author:英の坊
千葉市在住の50代会社員です。
頻度は少ないですが、主に館山・白浜近辺の堤防で浮き釣り、ダンゴ釣りをやっています。近所の花見川でコイ釣りもやっています。また、千葉県内の様々なスポットを訪れて載せていきます。

FC2カウンター
カテゴリ別記事一覧
にほんブログ村 ブログパーツ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | まとめ | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。