川釣り

渋い状況も何とか釣果を確保_花見川

平成28年1月31日(日)14:00~17:30

[天候]:西寄りの風弱、晴れ時々曇り
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :濁り強
 仕掛けの流れ:上流へゆっくりと


昨日の雨もあがり天気は回復していたので、午後から花見川へ出掛けてみた。

日差しがあり風も弱かったので、釣り場は比較的暖かだった。

CIMG2317.jpg
※さざ波は小さくやりやすかった

前回と同じく、いつもの釣り座の一つ上流の釣り座でやってみることにする。

濁りは強く、昨日の冷たい雨で水温低下の可能性があり苦戦が予想されるが、
果たしてどうなるか...。

CIMG2319.jpg

いつものように川の中央付近の深場を狙ってみる。水深は2.5mほどで底スレスレを攻めてみる。

撒きえをしながら流してみると、意外にも早く20分程でアタリが出るようになった。

集中して流していると、前アタリの後ウキがスゥーッと消し込んだので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、49cmの小型を取り込んだ。

CIMG2324.jpg

小型ながら早々と1匹上げて幸先の良いスタートだったが、その後はアタリが遠のいてしまった。

ウキに変化が現れること無く、1時間ほどが過ぎてしまった。

やや集中力が途切れてしまったので周りの様子を見てみると、上流の流れ込み付近にはバス釣りの方が2~3名入っていた。


一息入れて再開すると、20分ほどでようやくウキに変化が現れるようになった。

程なくしてウキがスッと入ったので、大きく合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、57cmのアベレージサイズを取り込んだ。

CIMG2329.jpg

更に3匹目を狙って続けるが、その後も渋い状況が続いてしまった。

16:30頃からはベタ凪となり、とてもやりやすくなったが、ハッキリしたアタリがでない。

薄暗くなるまで粘ってみたが、目立ったアタリはなく3匹目を上げることは出来なかった。


[釣果]:コイ 49cm、57cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

川釣り

粘った甲斐あり自己記録更新_花見川

平成28年1月24日(日)14:00~16:40

[天候]:北のち西寄りの風強、晴れ時々曇り
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :濁り強
 仕掛けの流れ:下流へ極ゆっくりと


CIMG2310.jpg

晴れて風が強い中、午後から花見川へ出撃した。

日差しはあるが季節風が強かったので、釣り場は真冬の寒さだった。

CIMG2292.jpg
※風の影響でさざ波があり、アタリが取りづらかった

いつもの釣り座は前回ボウズだったので、今日は昨年実績のあった一つ上流の釣り座でやってみることにした。

濁りは強く水温低下の可能性があり、苦戦が予想される。

CIMG2296.jpg

浅場狙いは厳しいと思われたので、川の中央付近の深場を狙ってみる。水深は2.5mほどでタナは底付近にとる。

撒きえをしながら流してみると、意外と早くアタリが出るようになった。案外水温は下がってないのかもしれない。

30分程で前アタリの後、ウキがスゥーッと消し込んだので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、48cmの小型を取り込んだ。

CIMG2304.jpg

小型ながら早々に1匹目を上げて、ボウズの心配が無くなり安堵する。
(^_^;)

更に2匹目を狙って続けると、程なくしてアタリが出るようになった。案外活性は高いのかもしれない。

30分程で今度はウキがスパッと消し込み、やや合わせが遅れてしまったが針掛かりした。

少々のやり取りで取り込んでみると、何とフナだった。(・○・)

CIMG2308.jpg
※フナにしては良型の51cmだった

早々と2匹目を上げて数を伸ばせるかと思ったが、場荒れしてしまったのかその後はすっかりアタリが遠のいてしまった。

何とか3匹目を上げるべく続けるが、なかなかアタリが出ない。

根気良く続けて見るが、目立ったアタリもなく1時間半ほどが過ぎてしまった。


風が強まり寒さも増してきて、諦めかけてきた16:30頃にようやくウキに変化が現れるようになった。

魚が寄ったものと思い集中していると、ウキがゆっくりと消し込んだので大きく合わせてガッチリ針掛かりさせた。

スピードは無いがグイグイと重たい引きで底に張り付き、なかなか浮かせることができない。

2~3分のやり取りでようやく浮かせることができたが、見た感じかなり大きい。(・○・)

ハリスは3号だったのであまり無理はできない。

慎重に手前に寄せてややタモ入れにてこずったが、ズッシリと重たい大物を取り込んだ。

CIMG2310.jpg

恐る恐るメジャーで測ってみると88cmあり、約半年ぶりに自己記録を2cm更新した。\(^o^)/

達成感が得られこともあり、少々早いがこのタイミングで納竿とした。


[釣果]:コイ 48cm、88cm(自己記録)
     フナ 51cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

川釣り

穏やかも活性低く撃沈_花見川

平成28年1月16日(土)14:00~17:30

[天候]:北寄りの風弱、晴れ
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :やや濁り
 仕掛けの流れ:下流へ極ゆっくりと


晴れて穏やかな天候の下、午後から花見川へ出掛けてみた。

日差しがタップリで風も弱かったので、釣り場はとても暖かだった。

CIMG2274.jpg
※さざ波もなく川面は鏡のように滑らかだった

CIMG2279.jpg

今日も浮き草の張り出し先の浅場を狙ってみる。

水深は1.5mほどでタナは底付近にとる。

CIMG2285.jpg

撒きえをしながら流してみるが、なかなかアタリが出ない。

ウキがゆっくりと流れるだけで変化は無く、1時間が経過してしまった。

その後も根気良く続けて見るが、目立ったアタリもなく2時間が過ぎてしまった。(・○・)


このところの冷え込みで水温が低下したのか、魚の気配が感じられない。

ボウズの予感が頭をよぎる。(^_^;)


その後も同じような状況で時間だけが過ぎていったが、日が傾いた16:30頃からようやくウキに変化が現れるようになった。

魚が寄ったものと思い集中するが、トップが1~2目盛りほど押さえ込む程度で、ハッキリしたアタリが出ない。

薄暗くなるまで粘ってみたが結局合わせを入れることが出来ず、今年初のボウズに終わってしまった。(^_^;)


[釣果]:ボウズ


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

堤防釣り

小物の数釣りを楽しむ_興津東港

平成28年1月15日(金)12:00~17:00

[天候]:北寄りの風中、晴れ時々曇り
[場所]:興津東港
      赤灯堤防 内側先端寄り
[条件]
 潮  :中潮(満潮 19:59)
 エサ :オキアミ
 濁り :澄み
 仕掛けの流れ:左へゆっくりと


平日に休みが取れたので、興津東港へ出掛けてみた。

先客は先端テトラの外側に1名だけだったので、いつもの赤灯堤防内側の先端寄りに入る。

CIMG2228.jpg

CIMG2223.jpg

日差しはあったが北寄りの風がやや強かったので、釣り場は冬の寒さだった。

うねりはなく潮は澄みきっていて、海底まで丸見えの状況だったので苦戦が予想される。

CIMG2217.jpg

コマセを撒きながら3m程のタナから狙ってみると、直ぐに小魚が見えるようになりエサを取られるようになった。

今日は水温が上がったようで、活性は高いようだ。

タナを少し浅目にすると徐徐にアタリが出るようになった。

30分程でウキがスーッと消しこんだので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

キュンキュンと軽い引きで、16cmほどの小メジナを取り込んだ。

CIMG2238.jpg

その後はコンスタントに食い込むようになり、15:00頃までに1匹目と同サイズを8匹ほど釣り上げた。(^_^;)

CIMG2249.jpg

海中を観察して見るとコマセが効いてきたようで、少し深いタナに足裏サイズのメジナが来るようになった。

しかし、潮が澄みきっているせいか、良い型のメジナはなかなか付けエサを食ってくれない。

少し日が傾いて雰囲気がよくなった15:30過ぎに、これまでより少しサイズアップした20cm程のメジナを2匹取り込んだ。

CIMG2257.jpg

CIMG2260.jpg

その後はスレてしまったのか、さっぱりアタリが取れなくなり、結局良い型のメジナを掛けることは出来なかった。

やや薄暗くなった16:30頃からは、今度はウミタナゴが喰うようになった。

16~18cmほどのサイズが立て続けに掛かり、4匹釣ったところでウキが見えづらくなったので納竿とした。

CIMG2264.jpg

CIMG2270.jpg


[釣果]:メジナ   MAX20~16cm 10匹程
     ウミタナゴ MAX18~16cm  4匹


にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ
にほんブログ村

川釣り

久しぶりの釣果3匹&ブラックバス_花見川

平成28年1月10日(日)14:00~17:30

[天候]:西寄りの風中、晴れ
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :やや濁り
 仕掛けの流れ:上流へゆっくりと


昨日に引き続き、今日も花見川へ出掛けてみた。

西寄りの風がやや強かったが、日差しがあったので釣り場は比較的暖かだった。

CIMG2189.jpg
※さざ波が出ていたので少しやりにくかった

今日も浮き草の張り出し先の浅場を狙ってみる。

水深は1.5mほどでタナは底付近にとる。


撒きえをしながら流してみるが、なかなかアタリが出ない。

もどかしい状況がしばらく続いたが、1時間程でスーッと消し込むアタリがあり、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、47cmの小型を取り込んだ。

CIMG2203.jpg

今日も早めに1匹目を上げ、ボウズの心配が無くなり安堵する。(^_^;)

更に2匹目を狙って続けるが、やはり1匹目のやり取りでアタリは遠のいてしまった。

その後、しばらく目立ったアタリが無かったが、1時間程でようやくウキに変化が現れるようになった。

再び魚が寄ってきたようで集中して流していると、ウキがゆっくりと消し込んだので大きく合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、52cmの小型を取り込んだ。

CIMG2205.jpg

この時点でまだ時間に余裕があったので、何とか3匹目を上げるべく続けてみた。

1時間程がたち、やや日が傾いて雰囲気が良くなってくると、ようやくウキに変化が出るようになった。

タイミングを逃さないよう集中して流していると、ウキのトップを2目盛り程押さえ込むようなアタリがあり、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで取り込んだのは、またしても小型の51cmだった。
(^_^;)

CIMG2208.jpg

小型ながら久しぶりに釣果3匹となったが、まだ時間があったので更に続けてみる。

すると、20分程でウキが不自然な動きをしたので、合わせると針掛かりした。

さほど引きは強くないがスピードがあり、何か手応えがおかしい。

少々のやり取りで取り込んでみると、何とブラックバスのスレ掛かりだった。(・○・)

CIMG2211.jpg
※45cm

CIMG2214.jpg

ウキ釣りでブラックバスを釣ったのは初めてだ。

薄暗くなり仕掛けも見えづらくなっていたので、このタイミングで納竿とした。


[釣果]:コイ 47cm、52cm、51cm
     ブラックバス 45cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

川釣り

2016年 初釣り_花見川

平成28年1月9日(土)13:40~18:30

[天候]:東寄りの風弱、晴れ
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :やや濁り
 仕掛けの流れ:下流へゆっくりと


年明けは南房総だったので、今日は花見川の初釣りへ出掛けてみた。

日差しがタップリで風も弱かったので、釣り場は暖かで快適だった。

CIMG2156.jpg
※さざ波も無くとてもやりやすかった

今日は比較的暖かだったので、浮き草の張り出し先の浅場を狙ってみる。

水深は1.5mほどでタナは底付近にとる。

CIMG2173.jpg

撒きえをしながら流してみると、案外早く20分ほどでウキがスーッと消し込むアタリが出た。(・○・)

しかし、アタリが出るまでしばらくかかるだろうと油断していたため、合わせのタイミングが遅れてすっぽ抜けてしまった...残念。

気を取り直して続けるが、直ぐにはアタリが出ない。

もどかしい状況が続いたが、30分程で先ほどと同じようなアタリがあり、今度はタイミング良く合わせて針掛かりさせた。

軽いやり取りで49cmの小型を取り込んだ。

CIMG2171.jpg

小型ながら1匹目を上げて、ボウズの心配は無くなった。(^_^;)

今日は1時間ほどでハッキリしたアタリが2回あり、この時期にしては活性はまずまずのようだ。

更に2匹目を狙って続けるが、1匹目のやり取りの影響かアタリが遠のいてしまった。


早めに見切りをつけて沖目の深場を狙って見るも、なかなかアタリが出ない。

1時間程続けてみたが目立ったアタリが無いので、元の浅場に戻してみる。

すると、再び魚が寄ってきたようで、ようやくウキに変化が出るようなった。

合わせのタイミングを逃さないように集中して流していると、ウキがゆっくりと消し込んだのでビシッと合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、61cmのアベレージサイズを取り込んだ。

CIMG2184.jpg

次は更にサイズアップと行きたいところだったが、その後ハッキリしたアタリはなく、暗くなるまで粘ってみたが3匹目を上げることは出来なかった。


[釣果]:コイ 49cm、61cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

堤防釣り

フグの猛攻に苦戦_太夫崎港

2016年1月2日(土)13:00~17:00

[天候]:西寄りの風強、晴れ
[場所]:太夫崎港
      右堤防 中間内側
[条件]
 潮  :小潮(干潮 16:30)
 エサ :オキアミ
 濁り :やや澄み
 仕掛けの流れ:左右へゆっくりと


2016年の初釣りは、太夫崎港へ行ってきた。

西寄りの風が強く、いつもの赤灯堤防小突堤に入るのは億劫になったので、今回は初めて右堤防に入ってみることにした。

先端にはカゴ釣りの先客が3名程入っていたので、堤防中間付近に入る。

外向きが良いかと思ったが、やや浅く底まで綺麗に見えていて向かい風も強かったので、内向きでやることとする。

CIMG2112.jpg

水深は竿先で3~4mほどで、まずは底スレスレのタナから狙ってみる。

CIMG2126.jpg

コマセを撒きながら流していると、程なくしてオキアミが取られるようになった。

魚が寄ったものと思い集中してると、押さえ込むようなアタリがあり合わせると針掛かりした。

軽い手応えで引き上げてみると、小型のハゼだった。(^_^;)

CIMG2131.jpg

更に続けるが、その後はアタリが出ずにエサだけ取られる状況がしばらく続いてしまった。

どうにもアタリが出ないので、少しウキ下を浅くするとゆっくりと押さえ込むアタリが出て、合わせると針掛かりした。

軽い手応えで上がってきたのは、小型のフグだった。(^_^;)

CIMG2133.jpg

どうやら、このサイズのフグが群れて入るようだ。

その後もフグの猛攻が続き、トータルで10匹くらい掛かってしまった。

この状況が15:00過ぎまで続いてしまい、すっかり集中力が途切れてしまった。

一息入れて周りを見てみると、堤防外向きはいつのまにかカゴ釣りの方で埋まっていた。(・○・)

しかし、今日は良くなかったようで、アジの釣果は見られなかった。


16:00頃になると、やや日が傾いてきて雰囲気もよくなってきた。

集中して流していると、ようやくゆっくりと消し込むアタリがあり、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

キュンキュンと軽い引きで上がってきたのは、14cm程のヘダイだった。

CIMG2143.jpg

小型ながらまともな魚が上がり数を伸ばしたいところだったが、その後もフグの猛攻が続いてしまった。

17:00近くになり、少し薄暗くなったところでようやく綺麗に消し込むアタリがあり、大きく合わせて針掛かりさせた。

軽いやり取りで取り込んだのは、14cm程のチンチンだった。

CIMG2148.jpg
※もう少し型が良ければ言うことないが...

その後は暗くなるまで粘ってみたが、残念ながら追加の釣果はなかった。


[釣果]:ハゼ   11cm程×1匹
     フグ   12~14cm程×10匹くらい
     ヘダイ  14cm程×1匹
     チンチン 14cm程×1匹


にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ
にほんブログ村

プロフィール

英の坊

Author:英の坊
千葉市在住の50代会社員です。
頻度は少ないですが、主に館山・白浜近辺の堤防で浮き釣り、ダンゴ釣りをやっています。近所の花見川でコイ釣りもやっています。また、千葉県内の様々なスポットを訪れて載せていきます。

FC2カウンター
カテゴリ別記事一覧
にほんブログ村 ブログパーツ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | まとめ | Template Design by スタンダード・デザインラボ