FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川釣り

活性低下で厳しい中何とか釣果確保_花見川

平成28年4月29日(金)14:40~18:20

[天候]:北西の風強、晴れ時々曇り
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :濁り強
 仕掛けの流れ:下流へ極ゆっくり


晴れて北風の強い天候の下、午後から花見川へ出掛けてみた。

日差しはあったが北西の風が強かったので、釣り場は少し肌寒かった。

CIMG3112.jpg

いつもの釣り座に入り、浮き草付近の浅場から狙ってみる。

CIMG3120.jpg
※風が強かったが追い風なので、あまり苦にはならない

撒きえをしながら流してみるが、まったく反応がない。昨日の雨で濁りが強く、水温も低下したのかも...。

魚の気配が感じられないので30分程で見切りをつけ、やや沖目の深場狙いに切り替えることにした。


しかし、こちらもたまにウキに変化が現れる程度で、ほとんど反応がない。

目立ったあたりもないまま、1時間程が過ぎてしまった。(・○・)

このポイントは前回良くアタリが出たのだが、こんなにも活性が下がるとは...残念。

さすがに集中力が途切れてしまったので、気分転換に今日も草刈りをやってみた。

更に一息入れて30分程で再開する。


再び元の浅場に戻してみると、程なくして綺麗なアタリが出た。

ウキがスッと入ったので、タイミング良く合わせてガッチリ針掛かりさせた。

少々のやり取りで、53cmの小型を取り込んだ。

CIMG3126.jpg

活性が下がり厳しい状況の中で、何とか釣果を確保でき安堵する。(^_^;)

2匹目を狙って更に続けるが、その後は再び沈黙が続いてしまった。

日が傾くまでやってみたが、結局綺麗なアタリが出ることはなく、2匹目を上げることはできなかった。


[釣果]:コイ 53cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

川釣り

空振り連発で苦戦も終盤巻き返す_花見川

平成28年4月24日(日)14:20~18:30

[天候]:東寄りの風中、晴れ時々曇り
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :普通
 仕掛けの流れ:下流へやや速く


概ね晴れてカラッとした天候の下、午後から花見川へ出撃した。

日差しはあったが東寄りの風がやや強かったので、釣り場は少し肌寒かった。

CIMG3094.jpg
※左手からの横風がやや強く、少々やりづらかった

いつもの釣り座に入り、浮き草付近の浅場を狙ってみる。

昨日とは風向きが逆となり、条件は異なるが果たしてどうなるか...。


撒きえをしながらしばらく流してみるが、今日も反応がない。

魚の気配が感じられないので早めに見切りをつけ、昨日反応が良かったやや沖目の深場狙いに切り替えることにした。

すると、程なくして綺麗なアタリが出た。

ウキがスーッと消し込んだので、タイミング良く合わせたつもりがすっぽ抜けてしまった。

さほど合わせが遅れた感はなかったが、食いが浅かったのかもしれない...
残念。

活性は低くはなさそうなので、気を取り直して続けてみる。

しかし、その後もコンスタントに消し込むアタリがあったが、ことごとく空振りを繰り返す。

2時間程続けてその間4、5回合わせを入れたが、1度も針掛かりさせることが出来なかった。(・○・)


さすがに集中力が途切れてしまったので、一息入れて周囲を観察してみる。

すると、時々コイが浮いたパンを喰うようになったので、10分程で再開し浮かせ釣りに切り替えてみることにした。

パンを撒きながらしばらく流してみると、30分程で食い込んだのでビシッと合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、59cmのアベレージサイズを取り込んだ。

CIMG3104.jpg

終盤へきてようやく釣果を確保でき安堵する。(^_^;)

更に続けるが、その後はアタリが遠のき1時間程沈黙が続いてしまった。

しかし、やや薄暗くなり雰囲気がよくなってきた頃、ようやく綺麗に食い込んだので大きく合わせて針掛かりさせた。

グングンと強い引きで底に張り付き、なかなか浮かせることが出来ない。1匹目よりは型が良さそうだ。

1~2分のやり取りで、70cmの良型を取り込んだ。

CIMG3107.jpg

この時点で、仕掛けも見づらくなっていたので、直ぐに納竿とした。


[釣果]:コイ 59cm、70cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

川釣り

序盤不調も中盤~まずまずの釣果_花見川

平成28年4月23日(土)14:30~18:30

[天候]:南西の風中、曇り時々晴れ
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :やや濁り
 仕掛けの流れ:上流へやや速く


やや雲が多く荒れ気味の天候の下、午後から花見川へ出掛けてみた。

日差しは少なかったが南寄りの風だったので、釣り場に肌寒さはなかった。

CIMG3079.jpg
※右手からの横風がやや強く、少々やりづらかった

いつもの釣り座に入り、浮き草付近の浅場を狙ってみる。

CIMG3073.jpg

撒きえをしながら流してみるが、反応が悪い。

時折ウキに小さな変化が出る程度で、なかなか綺麗なアタリが出ない。活性は低いのかもしれない。

根気良く続けみるが目立ったアタリも無く、いつのまにか1時間半程が経過してしまった。(・○・)


さすがに集中力が途切れてしまったので、今日も10分程釣り座周辺の草刈りをやった。

前回から1週間しか経っていないのに、再び雑草が伸びて通りづらかったが、スッキリ通りやすくなった。( ̄ー ̄)

更に一息入れて、30分程で再開する。


浅場に魚の気配が感じられないので、やや沖目の深場狙いに切り替えてみる。

すると、狙いを切り替えたのが功を奏して、直ぐに綺麗なアタリが出た。

ウキがスーッと消し込んだので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、48cmの小型を取り込んだ。

CIMG3083.jpg

中盤でようやく釣果を確保でき安堵する。(^_^;)

更に続けると30分程でウキが綺麗に消し込み、1匹目とほぼ同サイズの
50cmを取り込んだ。

CIMG3086.jpg

その後はアタリが遠のき、1時間程沈黙が続いてしまった。

しかし、日が傾いて雰囲気がよくなってきた頃、ようやく綺麗に食い込んだので大きく合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、ややサイズアップした61cmを取り込んだ。

CIMG3092.jpg

その後も少し続けてみたが、4匹目を上げることは出来なかった。


[釣果]:コイ 48cm、50cm、61cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

川釣り

活性下がり苦戦も終盤に何とか釣果を確保_花見川

平成28年4月16日(土)14:30~18:30

[天候]:南西の風中、曇り時々晴れ
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :やや濁り
 仕掛けの流れ:上流へやや速く


やや雲の多い天候の下、午後から花見川へ出掛けてみた。

日差しは少なかったが南寄りの風だったので、釣り場はさほど肌寒くはなかった。

土手の桜はほぼ散ってしまい、先週とは打って変わって遊歩道は閑散としていた。

CIMG3064.jpg
※右手からの風でさざ波があり、少々やりづらかった

いつもの釣り座に入り、浮き草付近の浅場を狙ってみる。

撒きえをしながら流してみると、程なくしてウキに変化が現れるようになった。

しかし、時折小さなアタリが出る程度で、なかなか綺麗なアタリが出ない。活性は下がってしまったようだ。

根気良く続けてみるも時間だけが過ぎてゆき、いつのまにか2時間程が経過してしまった。(・○・)

その間2~3回、ウキが2目盛りほど入ったので合わせたが、針掛かりさせることは出来なかった。


さすがに集中力が途切れてしまったので、気分転換に10分程釣り座周辺の草刈りをやった。

このところの暖かさで雑草が腰辺り位まで伸びて通りづらかったが、スッキリしてだいぶ通りやすくなった。( ̄ー ̄)

更に一息入れて、30分程で再開する。


しかし、再開後も状況は変わらず、目立ったアタリもないまま更に1時間程過ぎてしまった。\(゜□゜)/

この時点でボウズの予感が頭をよぎる。(^_^;)

諦めムードが漂っていたが、日が傾き雰囲気がよくなってきたので、再び集中力を高めて続けてみる。

すると、程なくしてようやく綺麗に食い込んだので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、62cmのアベレージサイズを取り込んだ。

CIMG3070.jpg

終盤にようやく釣果を確保でき安堵する。(^_^;)

その後も30分ほど続けてみたが、2匹目を上げることは出来なかった。


[釣果]:コイ 62cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

堤防釣り

タナゴ、小メジナの群れに翻弄される_太夫崎港

平成28年4月15日(金)12:30~18:20

[天候]:北寄りの風やや強、晴れ
[場所]:太夫崎港
      右堤防 先端
[条件]
 潮  :小潮(満潮 10:12、干潮 17:33)
 エサ :オキアミ、練りエサ
 濁り :やや濁り
 仕掛けの流れ:左右に時折速く流れる


平日に休みが取れたので、太夫崎港へ出掛けてみた。

北風がやや強かったが日差しタップリだったので、釣り場はさほど寒くは無かった。

CIMG2952.jpg
※港内

CIMG2959.jpg
※外海はうねりが大きく、時折波しぶきが上がっていた

港には11:30頃到着したが、右堤防先端外向きにカゴ釣りの先客が1名入っていた。

昼食を取ってから右堤防に向かうと、入れ替わりで先客の方が撤収されたので、先端船道向きに入る。

風はやや強かったが、背後からの風となるので苦にはならない。

CIMG2961.jpg
※潮はやや濁りが入っている

水深は竿先で3~4mほどで、まずは浅めのタナから狙ってみる。

コマセを撒きながら探ってみると、直ぐにウキが消し込んだのでビシッと合わせて針掛かりさせた。

キュンキュンと軽いやり取りで、16cm程のウミタナゴを取り込んだ。

CIMG2978.jpg

更に続けると直ぐにウキが消し込み、1匹目と同サイズの小メジナを取り込んだ。

CIMG2986.jpg

コマセを撒くとワッと小魚が群がり、堤防先端はウミタナゴ、小メジナが群れているようだ。

その後は入れ食い状態となったので、ひとしきり小物釣りに没頭し、1時間程の間に10匹ほどを釣り上げた。( ̄ー ̄)

CIMG2990.jpg
※極小サイズの11cm

CIMG3007.jpg
※やや大きめの19cm

これだけ釣れるとさすがに他の魚が釣りたくなり、表層に時々姿を見せるボラを狙って見ることにした。

遠投して表層を流してみるが、コマセを撒くと水面近くまで小メジナ食いに来てしまう。

1時間程続けてみたが、小メジナが何匹か掛かっただけで、ボラを上げることは出来なかった。


次は、タナを底付近に切り替えて、カイズを狙ってみることにした。

オキアミだと底につくまでにほぼ食われてしまうので、練りエサでやってみる。

コマセを撒きながら探ってみたが、逆に全くアタリがでない。

日が傾くまで続けてみたが、結局何度かかじられただけで、1度もアタリが出ることはなかった。(^_^;)

やや濁りがあり雰囲気は良かったのだが、潮が良くなかったのかもしれない。


再び浅めのタナに戻して見ると、少し薄暗くなってからサイズアップしたウミタナゴが3匹上がった。

CIMG3041.jpg
※20cm

CIMG3054.jpg
※22cm

CIMG3058.jpg
※21cm

途中で何匹釣ったか判らなくなってしまったが、小物をトータル25匹くらいの釣果で納竿とした。


[釣果]:ウミタナゴ 22~16cm×15匹くらい
     メジナ   16~11cm×10匹くらい


にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ
にほんブログ村

川釣り

中盤不調も終盤で数伸ばす_花見川

平成28年4月10日(日)14:10~18:40

[天候]:南西の風弱、曇り
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :やや濁り
 仕掛けの流れ:上流へゆっくりと


曇りがちな天候の下、午後から花見川へ出撃した。

日差しは無かったが暖かい南風だったので、釣り場はとても快適だった。

CIMG2924.jpg
※桜はかなり散ってしまい、水面は花びらで覆われていた

いつもの釣り座に入り、浮き草付近の浅場を狙ってみる。


撒きえをしながら流してみると、程なくしてウキに変化が現れるようになった。

魚が寄ったものと思い集中して流していると、程なくして綺麗なアタリが出た。

ウキがスッと入ったので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、55cmの小型を取り込んだ。

CIMG2927.jpg

開始早々に1匹目が上がり、数釣りの期待が高まる。( ̄ー ̄)

風がやや収まっただけで昨日と同じような状況だが、活性は高まったようだ。

更に2匹目を狙って続けると、直ぐにアタリが出るようになった。

ウキがスーッと消し込んだので、タイミング良く合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、49cmの小型を取り込んだ。

CIMG2932.jpg

しかし、場荒れしてしまったのか、その後はアタリが遠のいてしまった。

タナを変えてみたり色々試してみるも状況は変わらず、目立ったアタリもないまま2時間程が過ぎてしまった。(・○・)

集中力も途切れてかけていたが、17:00を過ぎてやや日が傾き雰囲気がよくなってきたので、再び集中力を高めて続けてみる。

すると10分程で、それまで沈黙していたウキが突然スパッと消し込んだ。

やや合わせのタイミングが遅れたが、何とか針掛かりさせた。

少々のやり取りで、50cmの小型を取り込んだ。

CIMG2934.jpg

その後は時合いが来たようでポンポンとアタリがあり、少しサイズアップした61cm、66cmを追加した。

CIMG2940.jpg

CIMG2943.jpg

この時点でかなり暗くなっていたので、直ぐに納竿とした。


[釣果]:コイ 55cm、49cm、50cm、
        61cm、66cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

川釣り

春の陽気も釣果は今一つ_花見川

平成28年4月9日(土)14:30~18:40

[天候]:南西の風中、曇り時々晴れ
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :普通
 仕掛けの流れ:上流へ速く


やや雲が多い天候の下、花見川へ出掛けてみた。

暖かい風で時折日差しも出ていたので、釣り場は春の陽気だった。

CIMG2899.jpg
※桜もまだ残っており、花見の人通りは多かった

いつもの釣り座に入り、浮き草付近の浅場を狙ってみる。

CIMG2905.jpg
※南寄りの風でさざ波が大きく、かなりやりづらかった

撒きえをしながら流してみるが、なかなかアタリがでない。

右からやや強い風が吹いていて、あっという間にウキが上流へ流されてしまい、アタリも取りづらい。

30分程続けたところで、サーフボードに立ってオールで漕ぐ人たちが現れた。(・○・)

CIMG2907.jpg

たまにバス釣りのボートを見かけることはあるが、ウォータースポーツを見るのは初めてだ。

ネットで調べてみたところ、「スタンドアップパドル・サーフィン」という初耳のスポーツだった。(^_^;)


気を取り直して続けると、ようやく徐徐にアタリが出るようになった。

魚が寄ったものと思い集中して流していると、程なくして綺麗なアタリが出た。

ウキがスーッと入ったので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、47cmの小型を取り込んだ。

CIMG2912.jpg

更に2匹目を狙って続けるが、その後はさっぱりアタリが出なくなってしまった。

しばらく続けてみるが、目立ったアタリもなく1時間半程が過ぎてしまった。

魚の気配が感じられないので、気分転換に刈込ばさみで釣り座周辺の草刈りをやってみた。

このところの暖かさでだいぶ雑草が伸びていたが、スッキリときれいになった。


一息入れて30分ほどで再開するが、その後も状況は変わらず反応が悪い。

何事も無く時間だけが過ぎてゆき、更に1時間程が経過してしまった。
(・○・)

すっかり集中力が途切れてしまったが、やや日が傾いてきて時々浮いたパンをコイが食いにくるようになった。

浮かせ釣りが出来そうな状況になったので、このタイミングで浮かせ釣りに切り替えてみることにした。


すると、少し上流の浮き草付近まで流したところで食い込んだので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、52cmの小型を取り込んだ。

CIMG2914.jpg

この時点でかなり薄暗くなっていたので、直ぐに納竿とした。


[釣果]:コイ 47cm、52cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

川釣り

ムラがあるものの順調に釣果を伸ばす_花見川

平成28年4月3日(日)14:30~18:20

[天候]:南西の風中、曇り一時小雨(たまに晴れ間もあり)
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :普通
 仕掛けの流れ:上流へ速く


我が家のネコ、みぃちゃん(メス4歳)です。




小雨が降ったり、たまに晴れ間も出る不安定な天候の中、花見川へ出撃した。

日差しは少なかったが南寄りの暖かい風だったので、釣り場は比較的暖かだった。

CIMG2871.jpg
※春本番となり、土手は緑が増えてきた

いつもの釣り座に入り、浮き草付近の浅場を狙ってみる。

風も気温も昨日とは全く逆のコンディションとなるが、果たしてどうなるか...。


撒きえをしながら流してみると、直ぐにウキに変化が現れるようになった。

しばらく流していると、30分程で綺麗なアタリが出た。

ウキがスーッと入ったので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、49cmの小型を取り込んだ。

CIMG2877.jpg

小型ながら開始30分程で1匹目を上げて、幸先の良いスタートとなった。( ̄ー ̄)

更に2匹目を狙って続けるが、その後はたまに小さなアタリが出る程度で、反応が悪くなってしまった。

しばらく続けてみるも、目立ったアタリはなく1時間程が過ぎてしまった。

魚の気配が感じられないので、このタイミングで狙いを切り替えることにする。


やや沖目の深場狙いに切り替えてみる。水深は2mほどだ。

撒きえをしながら流してみるが、こちらも状況は変わらずなかなか綺麗なアタリが出ない。

たまに小さなアタリが出る程度で合わせを入れることが出来ず、更に1時間程が過ぎてしまった。(・○・)

すっかり集中力が途切れてしまったが、何とか巻き返すべく元のポイントに戻してみることにする。


すると、元に戻したのが功を奏し、直ぐに綺麗なアタリが出た。

ウキがスッと消し込んだので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、63cmのアベレージサイズを取り込んだ。

CIMG2883.jpg

更に3匹目を狙って続けると程なくしてアタリがあり、大きく合わせて針掛かりさせた。

スピードは無いが、グングンと重たい引きでなかなか浮かせることが出来ない。

1~2分のやり取りで、71cmの良型を取り込んだ。

CIMG2889.jpg

その後は再びアタリが遠のいてしまったが、18:00過ぎに62cmを追釣し納竿とした。

CIMG2894.jpg


[釣果]:コイ 49cm、63cm、71cm、62cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

川釣り

序盤順調も思いの外数伸ばせず_花見川

平成28年4月2日(土)15:20~18:30

[天候]:北東の風弱、曇り
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :普通
 仕掛けの流れ:下流へ極ゆっくり


どんよりとした曇り空の下、昼過ぎから花見川へ出掛けてみた。

日差しは無かったが風が弱かったので、釣り場は比較的穏やかだった。

釣り座裏手の遊歩道は丁度桜が見ごろとなり、桜のトンネルとなっていた。

CIMG2848.jpg
※天気が良くなかったので、人通りはまばらだった

いつもの釣り座に入り、浮き草付近の浅場を狙ってみる。

CIMG2852.jpg
※風が弱くさざ波も無かったので、とてもやりやすかった

今日は調子の悪い日中を避け、いつもより1時間程遅い15:20スタートとなった。


撒きえをしながら流してみると、直ぐにウキに変化が現れるようになった。

しかし、小さなアタリは頻繁にあるが、なかなか綺麗なアタリが出ない。

以前のアタリはスパッと消し込むことが多かったが、このところコイがスレてしまったようだ。(^_^;)


もどかしい状況がしばらく続いたが、30分程で綺麗なアタリが出た。

ウキがスーッと入ったので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、48cmの小型を取り込んだ。

CIMG2858.jpg

更に2匹目を狙って続けると程なくしてアタリがあり、大きく合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、50cmの小型を取り込んだ。

CIMG2862.jpg

小型ながら1時間程で2匹上がり、この時点では数を伸ばせそうな予感だった。

しかし、2匹目のやり取りの影響で場荒れしてしまったのか、その後はアタリが遠のいてしまった。

目立ったアタリもないまま時間だけが過ぎていったが、根気良く続けていると1時間程でようやくアタリが戻ってきた。

魚の気配を感じたので集中して流していると、直ぐに綺麗なアタリが出た。

ウキがスッと消し込んだので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、ややサイズアップした62cmのアベレージサイズを取り込んだ。

CIMG2866.jpg

その後は、ウキが見えづらくなるまでやってみたが、釣果を伸ばすことはできなかった。


[釣果]:コイ 48cm、50cm、62cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

プロフィール

英の坊

Author:英の坊
千葉市在住の50代会社員です。
頻度は少ないですが、主に館山・白浜近辺の堤防で浮き釣り、ダンゴ釣りをやっています。近所の花見川でコイ釣りもやっています。また、千葉県内の様々なスポットを訪れて載せていきます。

FC2カウンター
カテゴリ別記事一覧
にほんブログ村 ブログパーツ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | まとめ | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。