川釣り

暑さとカメに苦戦も何とか形を見る_花見川

平成28年7月31日(日)14:20~19:20

[天候]:東寄りの風中、晴れ
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :濁り中
 仕掛けの流れ:下流へやや速く


連日の夏空の下、午後から花見川へ出掛けてきた。

日差しが強く風も弱かったので、釣り場は真夏の暑さだった。

CIMG4007.jpg
※日中の釣りは厳しい季節となってしまった...

浮き草の張り出し先の深場を狙ってみる。水深は2.5mほどだ。

撒きえをしながら流してみるが、たまにウキに変化が出る程度で、なかなかアタリが出ない。

根気よく続けてみたが、目立ったアタリもなく2時間程が過ぎてしまった。
(・○・)

底付近に魚の気配が感じられないので、このタイミングで浮かせ釣りに切り替えることにした。


撒きえをしながら流してみると、30分程でモゾモゾとしたアタリが出た。

少し下流まで流したところでゆっくりと食い込んだので、大きく合わせて針掛かりさせた。

しかし、手応えがおかしく直ぐにカメと分かる。引き上げて見ると、25cmほどの中型だった。

CIMG4016.jpg

更に続けるが、釣り座の下流に大小さまざまなカメが集まってしまった。

その後はカメの猛攻が続いてしまい、再びやや小ぶりの20cmほどのカメを掛けてしまった。

CIMG4021.jpg

暑さとカメでやや戦意喪失してしまったが、日が傾きモジリも出るようになったので、集中して流してみる。

すると、少し下流の浮き草付近で食い込んだので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

グングンと強い引きで締め込み、なかなか浮かせることができない。

1~2分のやり取りで、61cmのアベレージサイズを取り込んだ。

CIMG4023.jpg

終盤にようやく釣果を確保し安堵したところで、暗くなっていたので直ぐに納竿とした。


[釣果]:コイ 61cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

川釣り

厳しい暑さでアタリ少なく苦戦_花見川

平成28年7月30日(土)14:10~19:10

[天候]:東寄りの風弱、晴れ
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :濁り中
 仕掛けの流れ:下流へゆっくりと


気温が高くギラギラと晴れた天候の下、午後から花見川へ出撃した。

日差しが強く風も弱かったので、釣り場は真夏の暑さだった。

暑さを避けて木陰から竿を出せる、いつもより少し上流の釣り座に入る。

CIMG3984.jpg
※やや濁りが強い状況だが、果たしてどうなるか...

浮き草の張り出し先を狙ってみる。水深は2mほどだ。

撒きえをしながら流してみるが、たまにウキに変化が出る程度で、なかなかアタリが出ない。

しばらく続けてみるが、目立ったアタリもないまま1時間程が過ぎてしまった。(・○・)

魚の気配が感じられないので、このタイミングでいつもの釣り座へ移動することにした。


浮き草の張り出し先の深場を狙ってみる。前の釣り座よりやや深く、水深は2.5mほどだ。

撒きえをしながら流してみると、こちらはコイの気配があり、10分程で直ぐに綺麗なアタリが出た。

ウキがゆっくりと消し込んだので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、48cmの小型を取り込んだ。

CIMG3992.jpg

更に2匹目を狙って続けると、魚が寄っていたようで程なくして綺麗なアタリが出た。

ウキがスッと入ったので反射的に合わせたが、食いが浅かったようでスッポ抜けてしまった...残念。

気を取り直して続けるが、何故かその後はパッタリとアタリが出なくなってしまった。

沖目や浮き草の際も探ってみたが状況は変わらず、更に2時間程が過ぎてしまった。(・○・)

やや日が傾きモジリが出るようになったので、このタイミングで浮かせ釣りに切り替えることにした。


撒きえをしながら流してみると、30分程でハッキリしたアタリが出た。

少し下流の浮き草付近で食い込んだので、大きく合わせて針掛かりさせた。

グングンと強い引きで締め込み、なかなか浮かせることができない。

1~2分のやり取りで、64cmのアベレージサイズを取り込んだ。

CIMG4000.jpg

その後は、納竿間際に針掛かりさせたがバラしてしまい、3匹目を上げることは出来なかった。


[釣果]:コイ 48cm、64cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

川釣り

新規開拓不発もHGで何とか釣果を確保_神埼川~花見川

平成28年7月24日(日)14:30~19:20

[天候]:東寄りの風弱、晴れ時々曇り
[場所]:神埼川
    :花見川
[条件(花見川)]
 エサ :食パン
 濁り :普通
 仕掛けの流れ:下流へゆっくりと


久しぶりに新規開拓をはかるため、午後から神埼川へ出掛けてみた。

印旛新川の支流で、川幅は20mほどと小規模の河川だ。

日差しは強かったが東寄りの風だったので、釣り場はそれほど蒸し暑くはなかった。

CIMG3965.jpg
※花見川と似ていて、雰囲気は良かったのだが...

用水路の流れ込み付近に足場の良い護岸があったので、釣り座を取る。

水深は川の中心付近でも1.5mほどしかなく、浮き草の張り出し先を狙ってみる。

撒きえをしながら流してみるが、全くアタリが出ない。

川の中心付近や、対岸/手前の浅場、用水路等を一通り探ってみるも、状況に変化はない。

根気良く1時間程続けてみたが、結局1度もアタリが出ることは無かった。
(・○・)

コイの気配が感じられず、釣れる気がしないので撤収することにした。

残念ながら、新規開拓は不発に終わってしまったが、まだ時間が残っていたのでいつもの釣り場へ寄ってみることにした。


16:00頃からのスタートでいつもの釣り座に入り、浮き草の張り出し先の深場を狙ってみる。

撒きえをしながら流してみるが、昨日と同様に反応が無いので1時間程で見切りをつけ、浮かせ釣りに切り替える。


川の中心付近を流してみると、30分程でようやくハッキリしたアタリが出た。

少し下流まで流したところで食い込んだので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、49cmの小型を取り込んだ。

CIMG3977.jpg

終盤にようやく釣果を確保でき安堵する。(^_^;)

しかし、その後は2回針掛かりさせたが、どちらも針外れでバラシてしまい、2匹目を上げることは出来なかった。


[釣果]:コイ 49cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

川釣り

活性低く釣果もパッとせず_花見川

平成28年7月23日(土)14:00~18:30

[天候]:東寄りの風弱、曇り時々晴れ
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :普通
 仕掛けの流れ:下流へゆっくりと


気温が低く曇りがちな天候の下、午後から花見川へ出掛けてきた。

日差しが無く東寄りの風だったので、釣り場は比較的涼しかった。

CIMG3946.jpg

いつもの釣り座に入り、浮き草の張り出し先の深場を狙ってみる。

撒きえをしながら流してみるが、たまにウキに小さな変化が出る程度で、なかなかアタリが出ない。

しばらく続けてみるが、目立ったアタリもないまま1時間程が過ぎてしまった。(・○・)

底付近に魚の気配が感じられないので、このタイミングで浮かせ釣りに切り替えることにした。


撒きえをしながら流してみるが、たまにモジリが出る程度で、なかなか食い込むアタリが出ない。

表層付近の活性も低いようで、目立ったアタリもないまま更に1時間程が過ぎてしまった。(・○・)


どうにもアタリが出ないので、比較的モジリが出ていた川の中心付近に狙いを切り替える。

すると、30分程でようやくハッキリしたアタリが出た。

珍しく、竿をひったくられるように食い込んだので、瞬間的に合わせて針掛かりさせた。

グングンと強い引きで締め込み、なかなか浮かせることができない。

1~2分のやり取りで、60cmのアベレージサイズを取り込んだ。

CIMG3956.jpg

やや時間が掛かってしまったが、ようやく釣果を確保でき安堵する。(^_^;)

しかし、その後は再び沈黙が戻ってしまい2時間程続けてみたが、2匹目を上げることは出来なかった。


[釣果]:コイ 60cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

川釣り

灼熱の中概ね好調をキープ_花見川

平成28年7月18日(月)15:20~19:20

[天候]:東寄りの風弱、晴れ時々曇り
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :普通
 仕掛けの流れ:下流へゆっくりと


ギラギラとした真夏の太陽の下、午後から花見川へ出掛けてきた。

日差しが強く風も弱かったので、釣り場は真夏の蒸し暑さだった。

CIMG3904.jpg

いつもの釣り座に入り、いつものように浮き草の張り出し先の深場を狙ってみる。

撒きえをしながら流してみると、ポツポツと小さなアタリが出るが、なかなか食い込まない。

もどかしい状況が続いたが、1時間程過ぎた頃ようやく綺麗なアタリが出た。

ウキがスーッと入ったので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、48cmの小型を取り込んだ。

CIMG3916.jpg

小型ながら、早めに1匹目を上げて安堵する。(^_^;)

更に2匹目を狙って続けると、魚が寄っていたようで直ぐに綺麗なアタリが出た。

ウキがスッと消し込んだので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

グングンと強い引きで、なかなか浮かせることができない。

1~2分のやり取りで、60cmのアベレージサイズを取り込んだ。

CIMG3918.jpg
※どす黒いヤツは引きが強いようだ

更に3匹目を狙って続けるが、やり取りで魚が散ってしまったようで、アタリが遠のいてしまった。

1時間程続けるが、底付近に魚の気配が感じられないので、浮かせ釣りに切り替えることにした。


撒きえをしながら流してみると、徐徐にコイが浮いたパンを食いに来るようになった。

沖目を流していたところで、程なくして食い込んだので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

しかし、少しやり取りをしたところで、フッと軽くなってしまった。(・○・)

仕掛けを引き上げてみるとスレ掛かりだったようで、小さなウロコが2枚引っ掛かっていた。

CIMG3927.jpg
※小さなウロコだったので、腹の辺りに掛かっていたようだ

その後は少し薄暗くなった頃に、54cmのアベレージサイズを上げたところで、納竿とした。

CIMG3932.jpg


[釣果]:コイ 48cm、60cm、54cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

川釣り

序盤不調も終盤良型で巻き返す_花見川

平成28年7月17日(日)14:30~19:10

[天候]:南西の風弱→無風、曇り
[場所]:花見川
      用水路流れ込み下流 奥
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :普通
 仕掛けの流れ:上流へゆっくりと


どんよりとした曇り空の下、午後から花見川へ出掛けてきた。

日差しは無かったが湿った南風が吹いていたので、釣り場はかなり蒸し暑かった。

CIMG3863.jpg

いつもの釣り座に入り、浮き草の張り出し先の深場を狙ってみる。

撒きえをしながら流してみるが、昨日とは打って変わって反応が無い。

しばらく続けてみるが、目立ったアタリもなく1時間程が過ぎてしまった。

やや集中力が途切れてしまったので一息入れていると、いつのまにか後ろにネコが座っていた。(^_^;)

CIMG3878.jpg

この釣り場では初めて見るネコなので、最近居着くようになったのかもしれない。

程なくしてネコは去っていったので再開するが、その後も状況に変わりは無かった。

更に1時間程続けるが、底付近に魚の気配が感じられないので、浮かせ釣りに切り替えることにした。


撒きえをしながら流してみると、徐徐にコイが浮いたパンを食いに来るようになった。

すると、少し上流の浮き草付近まで流したところで食い込んだので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

グングンと強い引きで底に張り付き、なかなか浮かせることが出来ない。

少々のやり取りで、64cmとまあまあのサイズを取り込んだ。

CIMG3888.jpg

更に2匹目を狙って続けると、ポツポツと食い込みはあるが、合わせてもなかなか針掛かりしない。

1匹目のやり取りで警戒心が強くなってしまったのか、綺麗に食い込まなくなってしまった。

その後は、何度か空振りを繰り返すうちに、いつの間にか夕暮れ時になってしまった。(・○・)

しかし、雰囲気は良くなってきたので根気良く続けていると、ようやく綺麗なアタリが出た。

1匹目とほぼ同じポイントで食い込んだので、大きく合わせてガッチリ針掛かりさせた。

直後の突っ込みを竿でためきれず、一気に対岸付近までラインを出されてしまった。手応えからすると、1匹目よりはだいぶ型が良いようだ。

グングンと強い引きで、なかなか寄せることが出来ない。

寄せては出してを繰り返し、2~3分のやり取りで74cmの良型を取り込んだ。

CIMG3897.jpg

この時点で、仕掛けも見えづらくなっていたので、直ぐに納竿とした。


[釣果]:コイ 64cm、74cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

川釣り

中盤沈黙するも数を伸ばす_花見川

平成28年7月16日(土)14:50~19:30

[天候]:東寄りの風弱、曇り
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :普通
 仕掛けの流れ:下流へゆっくりと


どんよりとした曇り空の下、午後から花見川へ出撃した。

日差しが無く東風も吹いていたので、釣り場はさほど蒸し暑くはなかった。

CIMG3837.jpg
※さざ波は無く、とてもやりやすかった

いつもの釣り座に入り、浮き草の張り出し先の深場を狙ってみる。

撒きえをしながら流してみると、30分ほどで綺麗なアタリが出た。

ウキがスーッと消し込んだので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、56cmの小型を取り込んだ。

CIMG3845.jpg

開始30分ほどで1匹目を上げ、幸先の良いスタートとなった。( ̄ー ̄)

更に2匹目を狙って続けると、ポツポツと綺麗なアタリが出るが、合わせてもなかなか針掛かりしない。

3回くらい空振りした後、1時間程でようやく針掛かりさせた。

少々のやり取りで、ややサイズダウンした54cmの小型を取り込んだ。

CIMG3853.jpg

更に続けるが、場荒れしてしまったのかすっかりアタリが遠のいてしまった。

根気良く1時間ほど続けてみたが、底付近に魚の気配が感じられないので、浮かせ釣りに切り替えることにした。


撒きえをしながら流してみると、徐徐にコイが浮いてきてモジリが出るようになった。

30mほど下流の浮き草付近まで流したところで食い込んだので、大きく合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、更にサイズダウンした50cmの小型を取り込んだ。
(^_^;)

CIMG3857.jpg

その後は、仕掛けが見えづらくなった頃に、66cmとまあまあのサイズを上げたところで、納竿とした。

CIMG3860.jpg


[釣果]:コイ 56cm、54cm、50cm、66cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

堤防釣り

小メジナ、小サバの猛攻止まらず_太夫崎港

平成28年7月15日(金)13:30~18:00

[天候]:東寄りの風弱、曇り一時雨
[場所]:太夫崎港
      右堤防 先端外側
[条件]
 潮  :中潮(満潮 14:30、干潮 19:02)
 エサ :オキアミ、練りエサ
 濁り :濁り中
 仕掛けの流れ:左へゆっくりと


平日に休みが取れたので、太夫崎港へ出掛けてみた。

日差しが無く東寄りの涼しい風だったので、釣り場に暑さは無かった。

CIMG3764.jpg
※僅かにうねりが入っていたが、港内は比較的穏やかだった、

港には12:00過ぎに着いたが、右堤防先端外向きにはフカセの先客が2名入っていた。

昼食と休憩を取ってから再び右堤防に向かうと、入れ替わりで先客の方が撤収されたので先端に入る。

背後からの風となるので、外向きに釣り座を取る。

CIMG3773.jpg
※濁りが入っており、雰囲気は良さそうだったが...

水深は竿先で3~4mほどで、まずは浅めのタナから狙ってみる。

コマセを撒きながら探ってみると、アタリが出ず直ぐにオキアミが取られてしまった。

なかなかアタリが出ないので、練りエサに替えてみるとようやく綺麗なアタリが出た。

ウキがスーッと消し込んだので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

キュンキュンと軽いやり取りで、13cm程の極小メジナを取り込んだ。

CIMG3779.jpg

更に続けると直ぐにウキが消し込み、サイズアップした22cmのメジナを取り込んだ。

CIMG3785.jpg

コマセを撒くとワッと小魚が群がり、堤防先端は小メジナ、小サバが群れているようだ。

その後は入れ食い状態となったので、ひとしきり小物釣りに没頭し、1時間程の間に10匹ほどを釣り上げた。( ̄ー ̄)

CIMG3794.jpg
※15cm

CIMG3803.jpg
※17cm

この後、14:30頃から突然の夕立ちとなり、車内へ退避する。


1時間程で上がったので、15:30頃から再開するが、再開後も小メジナ、小サバの猛攻は止まらない。

CIMG3815.jpg
※サバ16cm、もう少し型が良ければいいが(^_^;)

CIMG3819.jpg
※やや大きめの20cm

CIMG3829.jpg
※フグ15cm

途中で何匹釣ったか判らなくなってしまったが、小メジナをトータル20匹くらいの釣果で納竿とした。


[釣果]:メジナ 22、20、17~13cm×20匹くらい
         (15~16cmくらいが多い)
     サバ  16cmくらい×数匹
     フグ  15cmくらい×1匹


にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ
にほんブログ村

川釣り

バラシ連発で貧果に終わる_花見川

平成28年7月10日(日)14:10~19:30

[天候]:南寄りの風弱、晴れ時々曇り
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :やや濁り
 仕掛けの流れ:上流へゆっくりと


昨日の雨も上がりスッキリと晴れた空の下、午後から花見川へ出掛けてきた。

日差しが強く南風も吹いていたので、釣り場は真夏の暑さだった。

CIMG3746.jpg
※右手からの南風は弱く、比較的やりやすかった

いつもの釣り座に入り、浮き草の張り出し先の深場を狙ってみる。

撒きえをしながらしばらく流してみるが、反応が悪い。昨日の雨で濁りが入り、水温が下がってしまったのかもしれない。

根気良く続けてみたが、目立ったアタリもなく1時間半程が過ぎてしまった。(・○・)


狙いを浮き草付近の浅場に切り替え、更に続けるとようやく小さなアタリが出るようになった。

ウキがゆっくりと入ったので、大きく合わせて針掛かりさせた。

しかし、手応えがおかしく直ぐにカメとわかる。引き上げてみると、20cm程の中型だった。(^_^;)

CIMG3750.jpg

今度は、狙いを沖目に切り替えて続けると、程なくして綺麗なアタリが出た。

前アタリの後、ウキがスーッと消し込んだので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、52cmの小型を取り込んだ。

CIMG3754.jpg

更に2匹目を狙って続けると、ポツポツと綺麗なアタリが出て針掛かりさせたが、ことごとくバラしてしまう。

2時間程の間に3回針掛かりさせたが、全てやり取りを始めて直ぐに針外れでバラしてしまった。\(゜□゜)/


その後はアタリが遠のいてしまい、仕掛けが見えづらくなるまで続けてみたが、2匹目を上げることはできなかった。


[釣果]:コイ 52cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

川釣り

中盤に空振り連発で苦戦する_花見川

平成28年7月3日(日)14:30~19:30

[天候]:南寄りの風中→弱、晴れ時々曇り
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :普通
 仕掛けの流れ:上流へやや速く


晴れて蒸し暑い天候の下、午後から花見川へ出掛けてきた。

日差しが強く南風も吹いていたので、釣り場は真夏の暑さだった。

CIMG3721.jpg
※右手からの南風は若干収まっていた

いつもの釣り座に入り、浮き草の張り出し先の深場を狙ってみる。

撒きえをしながら流してみると、そこそこアタリが出るが、合わせてもなかなか針掛かりしない。

もどかしい状況が続き、1時間程でようやく針掛かりしたが、少しやり取りした後にフッと軽くなってしまった。(・○・)

仕掛けを引き上げてみるとスレ掛かりだったようで、大きなウロコが1枚掛かっていた。

CIMG3730.jpg

気を取り直して続けるが、バラシの影響かアタリが遠のいてしまった。

ウキ釣りでの釣果が期待できないので、このタイミングで浮かせ釣りに切り替えることにした。


撒きえをしながら流してみると、程なくして綺麗なアタリが出た。

下流の浮き草付近で食い込んだので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、64cmのアベレージサイズを取り込んだ。

CIMG3731.jpg

更に2匹目を狙って続けるが、やり取りの影響かその後は再びアタリが遠のいてしまった。

時々出る小さなアタリに何度か合わせたが、ことごとく空振りしてしまい、いつの間にか夕方になってしまった。(・○・)

諦めムードが漂っていたが、日が暮れて雰囲気が良くなってきた頃、ようやく綺麗なアタリがでた。

再び浮き草付近で食い込んだので、大きく合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、60cmのアベレージサイズを取り込んだ。

CIMG3735.jpg

その後は、仕掛けが見えづらくなるまで続けてみたが、3匹目を上げることはできなかった。


[釣果]:コイ 64cm、60cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

川釣り

アベレージサイズがポツポツ上がる_花見川

平成28年7月2日(土)14:30~19:30

[天候]:南寄りの風中、晴れ時々曇り
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :普通
 仕掛けの流れ:上流へやや速く


晴れて最高気温が30度を超える予想の中、午後から花見川へ出撃した。

日差しが強く南風も吹いていたので、釣り場は真夏の暑さだった。

CIMG3697.jpg
※右向かいからの風がやや強く、少々やりづらかった

いつもの釣り座に入り、浮き草の張り出し先の深場を狙ってみる。

撒きえをしながら流してみるが、ほとんど反応がない。先週の土曜日と同じような状況だ。

30分程続けてみたが状況は変わらないので、底付近の活性は低いのかもしれない。

ハネやモジリは頻繁に出ており、表層の活性は高そうだったので、早々に浮かせ釣りに切り替えることにした。


すると切り替えが功を奏して、直ぐに綺麗なアタリが出た。

下流の浮き草付近で食い込んだので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、63cmのアベレージサイズを取り込んだ。

CIMG3706.jpg

更に続けるが、やり取りの影響で魚が散ってしまったのか、その後はアタリが遠のいてしまった。

時々突っ突くようなアタリはあるが、なかなか綺麗なアタリが出ない。

小さなアタリに何度か合わせたが針掛かりさせることは出来ず、いつのまにか2時間程が過ぎてしまった。(・○・)

集中力も途切れてしまったので、気晴らしに釣り座周辺の草刈りをやってみた。

暑さでかなり汗をかいてしまったが、スッキリしていい運動になった。( ̄ー ̄) 

休憩も含めて30分程で再開する。


すると場を休めたのが良かったのか、程なくして綺麗なアタリが出た。

今度も浮き草の際で食い込んだので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、1匹目とほぼ同サイズの62cmを取り込んだ。

CIMG3710.jpg

更に3匹目を狙って続けると、少し薄暗くなってきた頃に綺麗なアタリが出た。

グングンと強い引きでなかなか寄せることが出来ない。前の2匹よりやや型が良いようだ。

少々のやり取りで、65cmのアベレージサイズを取り込んだ。

CIMG3714.jpg

その後は、仕掛けが見えづらくなるまで続けてみたが、4匹目を上げることはできなかった。


[釣果]:コイ 63cm、62cm、65cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

プロフィール

英の坊

Author:英の坊
千葉市在住の50代会社員です。
頻度は少ないですが、主に館山・白浜近辺の堤防で浮き釣り、ダンゴ釣りをやっています。近所の花見川でコイ釣りもやっています。また、千葉県内の様々なスポットを訪れて載せていきます。

FC2カウンター
カテゴリ別記事一覧
にほんブログ村 ブログパーツ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | まとめ | Template Design by スタンダード・デザインラボ