FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川釣り

リベンジ果たすもタモ破れ良型逃す_花見川


平成29年7月29日(土)13:50~18:50

[天候]:東寄りの風中、曇り夕方小雨
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :普通
 仕掛けの流れ:下流へやや速く


どんよりとした曇り空の下、午後から花見川へ出撃した。

日差しは無かったが湿った風で湿気が多く、釣り場はとても蒸し暑かった。

用水路流れ込みで、いつもの釣り座に入る。

CIMG6281.jpg

前回はボウズで、まだ渋いイメージが抜けきれていない。

しかし暑さが一段落して、幾分活性も戻っていそうな気もするが、果たしてどうなるか...。


いつものようにウキ釣りから始めてみる。

撒きえをしながら流していると、30分程で最初のアタリが出た。

少し上流の竿先付近で、ウキのトップが2目盛り程入ったので合わせたが、空振りしてしまった。

更に続けると、再び30分程で2回目のアタリが出た。

今度は少し下流の竿先付近で、ウキがスーッと入ったので合わせたが、またしても空振りしてしまった。(・○・)

合わせが遅れた感覚はないのだが、スレて食いが浅くなっているのかもしれない...残念。

気を取り直して続けると、再び30分程で3回目のアタリが出た。

今度は正面の竿先付近でウキがスーッと入ったので、ビシッと合わせて今度はガッチリ針掛かりさせた。

少々のやり取りで、58cmのアベレージサイズを取り込んだ。

CIMG6295.jpg

序盤で1匹目が上がり、早めにボウズを回避でき安堵する。( ̄ー ̄)

更に続けるが良かったのはここまでで、その後はさっぱりアタリが出なくなってしまった。

底付近に魚の気配が無くなってしまったが、少しモジリが出てきたので浮かせ釣りに切り替える。

すると、程なくしてやや大きめで25cmほどのカメが掛かった。(^_^;)

CIMG6298.jpg

その後は、目立ったアタリもなく時間だけが過ぎていったが、夕暮れ時になりようやく綺麗なアタリが出た。

少し上流の浮き草付近で食い込んだので、大きく合わせて針掛かりさせた。

直後に勢い良く突っ込まれ、川の中心付近まで走られてしまった。(・○・)

グングンと強い引きで締め込み、なかなか浮かせることができない。

1~2分のやり取りでタモに入れたが、引き上げるときに何と網が破れてコイが落ちてしまい、その拍子でバレてしまった。\(゜□゜)/

コイ釣りを始めて3年程になるが、タモが破れてバレたのは初めてだ。重量感と目測で、75cmほどだったと思われる...残念。


この時点で仕掛けも見えづらくなっていたので、悔しいままの納竿となってしまった。


[釣果]:コイ 58cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

川釣り

暑さで活性低く久々にボウズをくらう_花見川

平成29年7月22日(土)15:40~19:20

[天候]:南西の風中、晴れ時々曇り
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :やや濁り
 仕掛けの流れ:上流へ速く


やや風の強い天候の下、15:00過ぎから花見川へ出掛けてきた。

晴れ間が多かったが風が強かったので、釣り場は蒸し暑さは軽減されていた。

用水路流れ込みで、いつもの釣り座に入る。

CIMG6274.jpg
※右手から横風が強くかなりやりづらかった

撒きえをしながらしばらく流してみるが、なかなかアタリが出ない。

もどかしい状況が続いてしまったが、1時間半程過ぎた頃ようやくアタリが出た。

少し上流まで流したところでゆっくりと食い込んだので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

しかし、手応えがおかしい。引き寄せてみると、案の定カメだった。(^_^;)

CIMG6278.jpg
※やや大きめで25cm程あった

何とかコイを上げるべく続けるが、その後も沈黙が続いてしまった。

たまに付けえさを突っ突く程度で、目立ったアタリもないまますっかり夕暮れ時になってしまった。(・○・)

暑さの影響なのか、活性が低く釣れる気がしない。(^_^;)


薄暗くなるまでやってみたが、残念ながらコイを上げることはできなかった。

結局、一度もコイが食い込むことはなく、4月1日以来今年2回目のボウズに終わってしまった。(T_T)


[釣果]:ボウズ


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

川釣り

スレて空振り連発し貧果に終わる_花見川

平成29年7月17日(月)16:00~19:10

[天候]:南東→南西の風弱、曇り時々晴れ
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :普通
 仕掛けの流れ:下流→上流へゆっくりと


やや雲の多い天候の下、15:00過ぎから花見川へ出掛けてきた。

少し晴れ間があり風も弱かったので、釣り場は真夏の暑さだった。

用水路流れ込みで、いつもの釣り座に入る。

CIMG6255.jpg
※昨日より蒸し暑さは和らいでいた

今日も浮かせ釣りでやってみることにした。


撒きえをしながら流してみると、2投目で早くも綺麗なアタリが出た。

正面のやや沖目を流していたところで食い込んだので、タイミング良く合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、60cmのアベレージサイズを取り込んだ。

CIMG6264.jpg

開始早々に1匹目が上がり、幸先の良いスタートとなった。( ̄ー ̄)

しかし、その後は時々綺麗なアタリが出て合わせを入れるが、なかなか針掛かりしない。

1匹目のやり取りで魚の警戒心が高まり、スレて食いが浅くなっているのかもしれない。


その後も空振りを繰り返してしまい、すっかり夕暮れ時になってしまった。
(・○・)

薄暗くなるまで粘ってみたが、結局2匹目を上げることはできなかった。

早々と1匹目が上がり、てっきり数を伸ばせるものと思っていたが、なかなかうまくいかないものだ。(^_^;)


[釣果]:コイ 60cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

川釣り

蒸し暑さに苦戦もまずまずの釣果_花見川

平成29年7月16日(日)15:50~19:00

[天候]:南西の風中、曇り
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :普通
 仕掛けの流れ:上流へやや速く


暑さが厳しくなり日中の暑さを避けるため、15:00頃から花見川へ出撃した。

日差しはなかったが南寄りの湿った風の影響で、釣り場は異常に蒸し暑かった。

用水路流れ込みで、いつもの釣り座に入る。

CIMG6238.jpg
※日中の釣りは厳しい季節となってしまった

今日はあまり時間もないので、浮かせ釣りでやってみることにした。


撒きえをしながら流してみるが、なかなか食い込むアタリが出ない。

たまに突っ突くようなアタリがある程度だったが、1時間程続けたところでようやく綺麗なアタリが出た。

少し上流の浮き草付近で食い込んだので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、63cmのアベレージサイズを取り込んだ。

CIMG6239.jpg

更に2匹目を狙って続けるが、先程のやり取りで魚が散ってしまったようだ。

しばらくアタリが遠のいていたが、再び1時間程で綺麗なアタリが出た。

正面のやや沖目を流していたところで食い込んだので、タイミング良く合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、57cmのアベレージサイズを取り込んだ。

CIMG6246.jpg

更に3匹目を狙って続けるが、再び沈黙が戻ってしまった。(^_^;)

しかし、夕暮れ時まで粘ってみると、徐徐にモジリが出るようになってきた。

魚が寄ったものと思い集中して流していると、程なくして綺麗なアタリが出た。

少し上流の浮き草付近で食い込んだので、大きく合わせてガッチリ針掛かりさせた。

直後に猛スピードで突っ込まれ、竿でタメきれず下流方向へ一気に走られてしまった。(・○・)

グングンと強い引きで締め込み、なかなか寄せることができない。前の2匹よりだいぶ型が良いようだ。

寄せては出してを繰り返し、2~3分のやり取りで74cmの良型を取り込んだ。

CIMG6250.jpg

この時点で仕掛けも見えづらくなっていたので、直ぐに納竿とした。


[釣果]:コイ 63cm、57cm、74cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

川釣り

ネコに癒されるも釣果はパッとせず_花見川

平成29年7月7日(金)15:00~19:20

[天候]:南東のち南西の風中、曇り時々晴れ
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :やや濁り
 仕掛けの流れ:上流へやや速く


晴れ間はあるがやや曇の多い天候の下、午後から花見川へ出掛けてきた。

日差しは少なかったが南寄りの風だったので、釣り場はやや蒸し暑かった。


用水路流れ込みで、いつもの釣り座に入る。

CIMG6209.jpg
※やや濁りが入っていた

いつものようにウキ釣りで、釣り座正面の竿先付近を狙ってみる。水深は2.0m程だ。


撒きえをしながらしばらく流してみるが、なかなか綺麗なアタリは出ない。

たまに小さなアタリがある程度で、目立ったアタリのないまま2時間程が過ぎてしまった。(・○・)

このところウキ釣りは不調で、底付近に魚の気配が感じられず、全く釣れる気がしない。

しかし、時々モジリやハネは出ていて、表層の活性は高そうなので、浮かせ釣りに切り替えてみることにした。


撒きえをしながら流してみると、程なくして綺麗なアタリが出た。

少し上流の浮き草付近で食い込んだので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、55cmの小型を取り込んだ。

CIMG6219.jpg

更に2匹目を狙って続けると、30分程で再び綺麗なアタリが出た。

今度も上流の浮き草付近で食い込んだので、大きく合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、65cmのアベレージサイズを取り込んだ。

CIMG6224.jpg

更に続けるが、その後は魚がスレてしまったようで、食い込みが悪くなってしまった。

撒きえは食うが、付けえさを食わない状況がしばらく続いた。

やや集中力が途切れてしまったので、ふと後ろを振り返ってみると、いつのまにか黒ネコがちょこんと座っていた。(^_^;)

CIMG6228.jpg

以前にも見かけたことがあり、この釣り場に居着いているネコだ。

ネコに癒されて、多少流れが変わることも期待したが、その後もスレたままで3匹目を上げることはできなかった。


[釣果]:コイ 55cm、65cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

川釣り

中盤まで沈黙が続くが終盤巻き返す_花見川

平成29年7月2日(日)14:00~17:20

[天候]:南西の風弱、曇り時々晴れ
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :普通
 仕掛けの流れ:上流へやや速く


曇りがちでジメジメとした天候の下、午後から花見川へ出掛けてきた。

日差しは少なかったが湿った南寄りの風で、釣り場は異常に蒸し暑かった。


用水路流れ込みで、いつもの釣り座に入る。

CIMG6182.jpg
※湿気が多く真夏の蒸し暑さだった

いつものようにウキ釣りで、釣り座正面の竿先付近を狙ってみる。水深は2.0m程だ。

CIMG6173.jpg

撒きえをしながらしばらく流してみるが、ウキに変化は現れない。

もどかしい状況が続いてしまい、目立ったアタリもないまま2時間程が過ぎてしまった。(・○・)

さすがに集中力が途切れてしまったので、一息入れることにした。


10分程で再開すると、少しモジリが出るようになったので、浮かせ釣りに切り替えてみることにした。


撒きえをしながら流してみるが、なかなか食い込むアタリが出ない。

時々撒きえは食うのだが、魚がスレてしまっているようでなかなか付けえさを食わない。

その後も時間だけが過ぎて行ったが、17:00頃になりようやく綺麗なアタリが出た。

少し上流の浮き草付近で食い込んだので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、61cmのアベレージサイズを取り込んだ。

CIMG6189.jpg

終盤へきて、ようやく1匹上げて安堵する。(^_^;)

更に続けるが、その後はカメが集まってしまい、やや大きめを2匹掛けてしまった。

CIMG6197.jpg
※今年初のカメとなった

CIMG6202.jpg
※サイズは25cm程だった

その後は、やや薄暗くなった頃に58cmを追釣して納竿とした。

CIMG6206.jpg


[釣果]:コイ 61cm、58cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

プロフィール

英の坊

Author:英の坊
千葉市在住の50代会社員です。
頻度は少ないですが、主に館山・白浜近辺の堤防で浮き釣り、ダンゴ釣りをやっています。近所の花見川でコイ釣りもやっています。また、千葉県内の様々なスポットを訪れて載せていきます。

FC2カウンター
カテゴリ別記事一覧
にほんブログ村 ブログパーツ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | まとめ | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。