FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

川釣り

2017年 釣果まとめ_花見川

本格的にコイ釣りを始めて今年で4年となった。今年も1年間の釣行を集計してみた。


■年間釣行回数:

 57回(ボウズ:4回)(昨年:93回(ボウズ:5回))


■釣果

【コイ】

年月   50cm 50cm 60cm 70cm 80cm  合計
     未満 台  台  台  台
2017年
 1月  4   4   2   0   0    10
 2月  2   0   2   0   0    4
 3月  4   7   3   0   0    14
 4月  6   5   8   2   0    21
 5月  0   0   0   0   0    0
 6月  1   1   0   0   0    2
 7月  0   4   4   1   0    9
 8月  0   3   4   4   0    11
 9月  0   3   8   2   0    13
 10月  0   2   10   3   0    15
 11月  0   1   4   1   0    6
 12月  0   0   0   1   0    1

合計   17  30   45  14   0   106 匹(昨年:201 匹)


 最大:77cm(2017年8月18日 浮かせ釣り)
    ※自己記録 88cm(2016年1月24日 ウキ釣り)
 最小:44cm(2017年2月18日 ウキ釣り)
    44cm(2017年3月11日 ウキ釣り)
    44cm(2017年3月19日 ウキ釣り)
    44cm(2017年4月14日 ウキ釣り)


【外道】

 ワタカ   :31cm×1
 ブルーギル :18cm×2、15cm×1、13cm×1

【番外】

 カメ    :多数(暖かい時期のみ)


今年は結果的に釣行回数、釣果とも昨年から半減し、また自己記録も更新できなかった。


今年の釣行を振り返ると、昨年末から拠点を移していた亥鼻橋上流での釣行で始まった。

釣り場の状況も掴めてきて、1~2月は低水温で難しい時期ながら、何とかボウズもなくそこそこ釣果を出すことができた。

CIMG5387.jpg
※今年最小 44cm(2017年2月18日 ウキ釣り)

3月下旬、桜の時期になると水が温み、ようやく数が出るようになった。
( ̄ー ̄)

CIMG5553.jpg
※今年初の釣果5匹(2017年3月25日 55cm 他4匹) 

しかし、4月に入り油断していたわけではないが、今年初のボウズを食らってしまった。(^_^;)


4月中旬頃からは、いつもの釣り座付近にヘラ師の先客が入るようになってしまった。

このため、昨年末以前の用水路流れ込み付近に拠点を戻すことにした。

亥鼻橋上流での釣行は4ヵ月程であったが、全般的に小型が主体で70cm台が上がることはなかった。


その後、用水路流れ込みでも順調に釣果を伸ばし、70cm台も出るようになっていた。

しかし、5月には身内に不幸があり、2ヵ月程釣行できない状況が続いた。
(T_T)


7月頃から再開し8月になると、自己記録には遠く及ばないが、
今年最大の77cmを上げた。━(゚∀゚)━

CIMG6388.jpg
※今年最大 77cm(2017年8月18日 浮かせ釣り)

10月頃までの秋季は、例年どおり好調をキープした。

しかし、年末にかけては徐々に釣果が下がったが、11月5日にようやく
釣果100匹に到達した。\(^o^)/

そして、12月29日に釣果106匹とし、今年最後の釣行を終えた。


来年はあまり型にこだわらず、コンスタントに釣果を出せる釣行としたい。


 英の坊


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

川釣り

早めに釣果確保するもその後は沈黙_花見川

平成29年12月29日(金)13:30~16:30

[天候]:西寄りの風微風、晴れ
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :澄み
 仕掛けの流れ:下流へ極ゆっくりと


冬型の気圧配置が緩みスッキリと晴れた空の下、午後から花見川へ出撃した。

日差したっぷりで風も弱かったので、釣り場は比較的暖かだった。

今日は、いつもより一つ下流の釣り座に入る。

CIMG7410.jpg

手前の浮き草の張り出し先を狙ってみる。水深は2.5m程でタナは底付近とする。

撒きえをしながら流してみると、この時期にしては珍しく10分程で綺麗なアタリが出た。

ウキのトップがスーッと入ったので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

スピードはないが、グングンと強い引きで底に張り付き、なかなか浮かせることができない。型は良さそうだ。

寄せては出してを繰り返し、1~2分のやり取りで、ずっしりと重たい74cmの良型を取り込んだ。( ̄ー ̄)

CIMG7417.jpg
※でっぷりとした個体だった

前回ボウズだったので、早めに釣果を確保でき安堵する。(^_^;)

更に2匹目を狙って続けるが、その後はさっぱりアタリが出なかった。

コイの気配が感じられないので、早めに見切りをつけて一つ上流の釣り座へ移動することにした。


少し下流の浮き草周りを狙ってみる。水深は少し浅くなり2.0m程だ。

撒きえをしながら流してみるが、まったくアタリが出ない。

浅場の反応が悪いので、川の中心付近の深場も探ってみたが、状況は変わらなかった。

全く釣れる気配がないので、一息いれることにした。


CIMG7432.jpg
※居着きの黒ネコがおねだりに来た

CIMG7454.jpg
※カワセミ。数が増えたようで、このところ良く見掛けるようになった

10分程で再開し、更に一つ上流の釣り座へ移動する。

正面付近の沖目を狙ってみる。水深はこの近辺で最も深く、3.5m程だ。

撒きえをしながら流してみるが、コイの気配はなくアタリが出ることはなかった。

結局、夕暮れ時までやってみたが、2匹目を上げる事はできなかった。


[釣果]:コイ 74cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

日常

山武市歴史民俗資料館~伊藤左千夫生家

平成29年12月24日(日)14:50~15:20

[天候]:曇り後晴れ
[気温]:最高11.1度(12月下旬並)


どんよりとした曇り空の下、山武市歴史民俗資料館へ出掛けてきた。

場所は総武本線 成東駅の近くだ。

自宅からは片道35kmほどあり、現地には1時間ちょっとで到着した。

駐車スペースには、大きな山武市のガイドマップが設置されていた。

CIMG7405.jpg

国道126号が、ピンク色で「ストロベリーロード」と表示されていた。

来る途中、イチゴ狩りの施設も何か所かあったが、山武市はイチゴが特産品のようだ。( ̄ー ̄)

例のごとく、ご当地のキャラクターを調べてみたところ、やはりイチゴがイメージされていた。(^_^;)

■山武市マスコットキャラクター『SUNムシくん』
http://www.city.sammu.lg.jp/soshiki/14/sunmushikun-prof.html
※イチゴをイメージしていたが、ベースはてんとう虫だった

資料館は2階建てとなっていた。入館料は130円だった。

CIMG7399.jpg

CIMG7393.jpg
※定番の顔出しパネルもあり

1階は事務所となっていて、4~5人の職員が勤務していた。メインの展示は2階だ。

伊藤左千夫の生涯と作品、遺品、同人たちとの関わりを示す資料等が展示されていた。

展示は、伊藤左千夫に因んだものがほとんどで、伊藤左千夫記念館といった趣きだった。

ちなみに代表作「野菊の墓」を原作とした映画が、松田聖子の初主演作として1981年に公開されている。( ̄ー ̄)

映画の関連の資料もいくつか展示されていた。


資料館の奥には、伊藤左千夫の生家が保存されていた。

CIMG7377.jpg
※県指定史跡とのこと。英語の案内もあり

CIMG7379.jpg
※全景

土間に入ることはできたが、座敷には上がれなかった。

CIMG7383.jpg

CIMG7382.jpg
※裏手には土蔵もあり

CIMG7386.jpg
※茶室「唯真閣(ゆいしんかく)」

前庭には、「野菊の墓」映画化された際に記念して、植樹がされたようだ。

CIMG7391.jpg
※松田聖子の名前が刻まれていた

小規模な施設だったので、30分ほどで一通り見て回ることができ、現地を後にした。


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ
にほんブログ村

川釣り

久しぶりの釣行も敢え無く撃沈~亥鼻橋_花見川

平成29年12月16日(土)14:00~15:30

[天候]:西寄りの風弱→強、曇り時々晴れ
[場所]:花見川
      用水路流れ込み下流 中→奥 
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :澄み
 仕掛けの流れ:上流へゆっくり→速く


曇りがちだが穏やかな天候の下、午後から久しぶりに花見川へ出撃した。

日差しは少なかったが風が弱かったので、釣り場はさほど寒くはなかった。

いつもの釣り座に入る。体調不良や所要で約4週間ぶりの釣行となるが、果たしてどうなるか...。

CIMG7339.jpg

下流寄りの浮草周りをウキ釣りで狙ってみる。水深は2.0m程だ。

撒きえをしながらしばらく流してみるが、ウキに変化は現れない。

もどかしい状況が続いてしまい、目立ったアタリもなく1時間程が過ぎてしまった。(・〇・)

このところの寒さで水温も低下し、活性が下がってしまったのかもしれない。(^_^;)

コイの気配が感じられないので、一つ下流の釣り座へ移動することにした。


上流寄りの浮草の張り出し先を狙ってみる。水深は少し深くなり2.5m程だ。

撒きえをしながら流してみるが、状況は変わらなかった。

しかも30分程続けたところで、急激に西寄りの風が強くなった。どうやら、前線が通過したようだ。(・〇・)

アタリの無さと強い横風で、すっかり戦意喪失してしまい、早めの納竿とした。

結局、一度もアタリが出ることはなく、7月22日以来約5ヵ月ぶりのボウズに終わってしまった。(T_T)

失意の中、いつもの釣り座を後にしたが、まだ早かったので亥鼻橋の様子を見に行ってきた。


いよいよ橋の架け替えが始まるようで、大きなクレーン車がスタンバっていた。

CIMG7351.jpg

CIMG7354.jpg

トーフセンターの解体工事は終わり、すっかり更地となっていた。

CIMG7360.jpg


[釣果]:ボウズ


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

プロフィール

英の坊

Author:英の坊
千葉市在住の50代会社員です。
頻度は少ないですが、主に館山・白浜近辺の堤防で浮き釣り、ダンゴ釣りをやっています。近所の花見川でコイ釣りもやっています。また、千葉県内の様々なスポットを訪れて載せていきます。

FC2カウンター
カテゴリ別記事一覧
にほんブログ村 ブログパーツ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | まとめ | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。