川釣り

真冬の寒さが戻り反応なく撃沈_花見川

平成30年2月25日(日)14:00~16:30

[天候]:北東の風弱、曇り
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :やや濁り
 仕掛けの流れ:下流へゆっくりと


どんよりとした曇り空の下、午後から花見川へ出かけてきた。

日差しがなく北東の冷たい風だったので、釣り場は真冬の寒さだった。

いつもの釣り座に入る。先日の降雪からまだ日が浅く、低水温で苦戦が予想される。(^_^;)

CIMG9072.jpg
※左手からの風は弱いが、風がとても冷たい

いつものように浮き草の張り出し先を狙ってみる。水深は2.0m程でタナは底付近とする。

CIMG9081.jpg
※やや濁りがあり、如何にも冷たい感じがする

撒きえをしながらしばらく流してみるが、ウキに変化は現れない。

ウキがゆっくりと流れるだけで、全くアタリがないまま、1時間半程が過ぎてしまった。

さすがに集中力も途切れてしまったので、一息入れることにした。


まったりとしていると、居着きのクロネコが姿を見せた。

CIMG9086.jpg

正面からじっくりと観察してみると、クロネコというのは鼻や耳の中まで真っ黒だった。(・〇・)

思わぬ発見をした後、自販機で暖かいお茶を買い、10分程で再開する。


しかし、その後も目立ったアタリはなく、すっかり夕暮れ時になってしまった。

アタリの無さと寒さですっかり戦意喪失してしまい、夕マズメまで続かず早上がりとした。

結局アタリは、小さなアタリが1回あっただけで、合わせを入れることもできなかった。(^_^;)


[釣果]:ボウズ


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

スポット巡り

飯高寺~周辺スポット散策

平成30年2月23日(金)14:50~16:40

[天候]:曇り後晴れ、風無く穏やかも冬の寒さ
[気温]:最高8.6度(最も寒い時期を下回る)


曇りがちで寒い天候の下、飯高寺と周辺スポットへ出掛けてきた。

お寺は匝瑳市(そうさし)にあり、自宅からは片道55km程だったが、高速を使うと1時間ちょっとで到着した。

南/北に駐車場があるが、入りやすい南駐車場に入る。

CIMG8827.jpg
※駐車場の案内板。付近はパワースポットが点在している

まずは、目的地である飯高寺の総門へ向かうことにする。

CIMG8842.jpg
※総門

総門の奥の参道には豊かな杉林が広がっている。面積6.77ヘクタールが、千葉県の森郷土環境保全地域だ。(・〇・)

CIMG8858.jpg

参道では、幾つかの文化財を見ることができた。

CIMG8879.jpg
※一切経蔵(いっさいきょうぞう)。経文や蔵書の収蔵庫となっている。

CIMG8890.jpg
※題目堂(だいもくどう)。「新談義」という試験に合格するようにと祈願した場所。

古能葉稲荷大明神。この神社には、合格祈願の絵馬が沢山奉納されていた。合格祈願に御利益があるようだ。( ̄ー ̄)

CIMG8904.jpg

CIMG8885.jpg
※立正大学発祥の地碑

立正大学は法華経の思想を建学の精神としており、かつて日蓮宗の最高教育機関であった飯高檀林に淵源を発しているそうだ。

更に参道を進むと、ようやく杉林が開けてきて、大きな講堂が見えてきた。
(・〇・)

CIMG8881.jpg

CIMG8905.jpg

講堂。間口26.72m、奥行16.23mの木造入母屋造で、県内で一番大きな重要文化財の建物だそうだ。\(゜□゜)/

飯高寺(飯高檀林跡)は、法華宗(日蓮宗)の学問所がおかれていた寺だ。最盛期には600~800人の学僧が集まり、多くの名僧を輩出した。( ̄ー ̄)


境内には他に2つの建築物があり、こちらも国の重要文化財に指定されている。

CIMG8908.jpg
※鼓楼(ころう)。講堂に学徒を呼集するため打ち鳴らした。

CIMG8913.jpg
※鐘楼

飯高檀林跡と森は、房総の魅力500選に選定されていた。( ̄ー ̄)

CIMG8929.jpg

飯高寺はここまでとしたが、まだ時間があったので周辺スポットを散策することにした。


飯高檀林跡周辺エリア南部に位置する、寿福院妙福寺、飯高神社へ向かう。

妙福寺は妙見山と号し、日蓮宗で本尊は釈迦如来だ。5月になると藤が満開となり、藤の寺ともいわれている。

CIMG8964.jpg
※山門

CIMG8986.jpg
※本堂

CIMG8991.jpg
※鐘楼堂

飯高神社は、明治に神仏分離がなされ、妙福寺より分けられた神社だ。祭神は、御中主命を祀っている。建物は三間社流造で周囲には玉垣を巡らしている。

CIMG8996.jpg

CIMG9014.jpg
※拝殿。江戸時代後期建立の入母屋造りで銅板葺き。匝瑳市指定有形文化財。

拝殿正面には、見事な龍の彫刻がある。( ̄ー ̄)

CIMG9015.jpg

CIMG9030.jpg
※本殿。1750年頃建立の三間社流造。県指定有形文化財。

その後、北部の天神社、法福寺を散策してから、飯高檀林跡周辺エリアを後にし帰路に就いた。


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉県情報へ
にほんブログ村

スポット巡り

下総歴史民族資料館~小御門神社~龍正院

平成30年2月18日(日)14:00~16:00

[天候]:冬晴れ、季節風強く寒い
[気温]:最高9.1度(最も寒い時期を下回る)


冬型が強まり季節風が強い冬晴れの下、下総歴史民族資料館へ出掛けてきた。

事前に調べたところ、付近に小御門(こみかど)神社と龍正院というパワースポットがあったので、行ってみることにした。

最寄り駅は成田線 滑河(なめがわ)で、自宅からは片道43km程あり、現地には1時間半くらいで到着した。

滑河の駅前通りには、小御門神社の赤い大鳥居がある。(・〇・)

CIMG8741.jpg
※高さは15mくらいあるだろうか

ここから資料館までは車で5分程だ。資料館は下総運動公園内に設置されており、入館は無料だ。

CIMG8743.jpg

CIMG8753.jpg

この資料館は、下総地区で出土した考古資料や、民俗資料などを中心として常設展示されている。

また、古墳から出土した副葬品や古代の復元家屋、江戸時代の高岡陣屋模型の展示も見ることができる。

そして、昔の農具や魚具、玩具、生活用品などの展示を通じて、昔の人々の生活を知ることもできる。

なお、現在は「縄文時代展 ~採る・食べる・祈る~」が企画展示されていた。(2/25まで)

CIMG8758.jpg

小規模だったので30分程で見て回ることができた。資料館を後にして小御門神社へ向かうことにする。

CIMG8762.jpg
※併設の公民館に展望台があったが、故障中で残念ながら登れなかった
(^_^;)


資料館からは車で5分程と近い。程なくして、道路に面した入り口の大鳥居が見えてきた。

CIMG8765.jpg
※石碑には「別格官幣社」と刻まれている

境内は豊かな森林に囲まれていて、県の天然記念物に指定されている。

CIMG8763.jpg

小御門神社は、後醍醐天皇の忠臣贈太政大臣 藤原師賢公(ふじわらのもろかたこう)をお祀りしているそうだ。

航空や交通安全にご利益のある「身代わりの神」、病気平癒や事業回復に御利益のある「回復の神」、また「学芸の神」として信仰されている。

CIMG8771.jpg
※手水舎

CIMG8772.jpg
※拝殿

参拝を済ませてから神社を後にし、最後の目的地である龍正院(滑河観音)へ向かうこととする。

こちらも車で5分程と近く、程なくして到着した。

CIMG8776.jpg

天台宗の寺院で本尊は十一面観世音菩薩、坂東三十三観音霊場の第28番札所となっている。

仁王門は国の重要文化財に指定されている。( ̄ー ̄)

CIMG8779.jpg
※大注連縄が奉納されている

本堂は県の有形文化財に指定されている。

CIMG8781.jpg
※銅板葺きだ

境内には、他にも様々な文化財があった。

CIMG8806.jpg
※銅造宝篋印塔。県有形文化財。

芭蕉の句碑と夫婦松。成田市指定文化財。

CIMG8815.jpg

CIMG8820.jpg
※「観音のいらか見やりつ華の雲」の芭蕉の句が刻まれている

しもふさ七福神のひとつ 毘沙門天

CIMG8800.jpg
※七福神巡りの参拝者も多いという

更に境内の裏手に回ると、天満神社、金比羅神社、熊野神社、白山神社、稲荷神社と、五つもの神社が並んでいた。(・〇・)

CIMG8789.jpg

様々な文化財を堪能できたところで、お寺を後にし帰路に就いた。


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉県情報へ
にほんブログ村


川釣り

天候急変も直ぐに回復し、ようやくトンネルを抜ける_花見川

平成30年2月17日(土)13:10~17:10

[天候]:北寄りの風弱→強、晴れ一時にわか雨
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :濁り中
 仕掛けの流れ:下流へゆっくりと


午後から風が強まる予報だったが、昼まで穏やかだったので花見川へ出かけてきた。

日差したっぷりで風も弱かったので、釣り場はさほど寒くはなかった。

いつもの釣り座に入る。前回、前々回とボウズが続いているが、果たしてどうなるか...。

CIMG8706.jpg

いつものように浮き草の張り出し先を狙ってみる。水深は2.0m程でタナは底付近とする。

CIMG8713.jpg
※やや濁りがあるが、あまり冷たい感じはしない

撒きえをしながらしばらく流してみるが、ウキに変化は現れない。

もどかしい状況が続いてしまい、目立ったアタリもないまま1時間程が過ぎてしまった。(・〇・)

どうも魚の気配が感じられないので、川の中心付近の深場狙いに切り替える。

この時点で日が陰り北風も強まり、急速に灰色の雲が広がり始めていた。

2、3回投入を繰り返していると、何とにわか雨が降り出してきた。
\(゜□゜)/

雨の予報ではなかったのだが...。

悪天候と寒さで一旦は撤収を考えたが、急変は一時的で幸いにも直ぐに回復し、日差しが戻ってきた。


20分程で再開すると、天候急変が良い影響を与えたようで、程なくして綺麗なアタリが出た。

少し下流寄りでウキがスーッと入ったので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

さほど引きは強くなかったが慎重にやり取りし、59cmのアベレージサイズを取り込んだ。━(゚∀゚)━

CIMG8718.jpg

約1か月ぶりの釣果確保に安堵する。(^_^;)


更に2匹目を狙って続けると、1時間程かかってしまったが、2度目の綺麗なアタリがきた。

今度は正面付近でウキがスーッと入ったので、大きく合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、68cmとまあまあのサイズを取り込んだ。( ̄ー ̄)

CIMG8726.jpg

その後は、夕暮れ時まで粘ってみたが、3匹目を上げることはできなかった。

CIMG8731.jpg


[釣果]:コイ 59cm、68cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

堤防釣り

久しぶりに堤防で小物釣りを楽しむ_太夫崎港

平成30年2月11日(日)13:40~17:10

[天候]:西寄りの風一時強、晴れ時々曇り
[場所]:太夫崎港
      右堤防 先端内側
[条件]
 潮  :若潮(干潮 20:34、満潮 12:47)
 エサ :オキアミ
 濁り :やや濁り
 仕掛けの流れ:左右へ速く


寒さが緩み春の陽気との予報だったので、久しぶりに太夫崎港へ出掛けてきた。

海釣りは、昨年11月の長浦港以来で、南房総への釣行も約1年ぶりだ。


港には13時過ぎに到着したが、3連休の中日ということもあり、オーシャンパークは大勢の観光客で賑わっていた。

日差しがあり西寄りの暖かい風だったので、釣り場に寒さは無かった。

昼食を取ってから右堤防に入る。釣り人は、先端外向きにアジ狙いの方が3名入っていた。

CIMG8628.jpg
※日曜だったので、岸壁には釣り人が多かった

CIMG8630.jpg
※外海は大荒れで、港内にもうねりが入っていた

先端寄りに空きがなかったので、中間付近の内向きに釣り座を取る。

潮はやや濁りが入り底は見えない。点々と海藻が伸びていて、雰囲気は良さそうだ。


水深は竿先で4mほどで、まずは底付近から狙ってみる。

コマセを撒きながら投入を繰り返すが、オキアミはそのまま戻ってくる。

どうも魚の気配が感じられない。やはり、水温が低下しているのだろうか。

しばらく続けていると、先端の2名の方が撤収されたので、入れ替わりで先端に移動することにした。


先端は潮通しが良く、潮が左右交互に速く流れる状況だ。

コマセを撒きながら3m程のタナで探ってみると、直ぐに付けエサが取られるようになった。

何投かしたがアタリがでないので、タナを浅めにするとウキがスーッと入り、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

キュンキュンと軽い引きで、16cmのウミタナゴを取り込んだ。

CIMG8634.jpg

小物ながら、釣果を確保し安堵する。( ̄ー ̄)

更に続けると直ぐにウキが消し込み、1匹目よりサイズアップした20cmを取り込んだ。

CIMG8638.jpg

少し沖目を探ってみると、今度は13cmのフグが針掛かりした。(^_^;)

CIMG8640.jpg

堤防近くはウミタナゴ、堤防から離れるとフグが食ってくるようだ。


堤防近くを狙っていくと、その後もポツポツとウミタナゴが釣れ続いた。型は16~18cmが中心だ。

CIMG8652.jpg
※16cm

CIMG8678.jpg
※16cm

15~16時頃は一時、荷物が飛ばされそうな強風に苦戦したが、夕暮れ時にはすっかり穏やかになった。(・〇・)

CIMG8688.jpg

CIMG8692.jpg

CIMG8694.jpg

その後、2尾を追加したところで納竿とした。

CIMG8700.jpg
※17cm

CIMG8701.jpg
※18cm

納竿間際に、地元の釣り師が様子を見にこられたので、少し会話をした。

その方によると、アジはこのところさっぱり釣れていないそうだ。

シーバスは割と釣れているようだ。海鳥が見えているときがチャンスで、明るい時間帯でも形を見ることができるそうだ。

港内でも、大型のクロダイが出ることがあるとのこと。

先日も赤灯堤防の船着き場で、大型のクロダイが釣れたそうでビックリだ。
\(゜□゜)/


[釣果]:ウミタナゴ 20~16cm×14匹
     フグ    13cm程×2匹


にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

日常

空の駅 風和里~航空科学博物館

平成30年2月9日(金)14:00~16:20

[天候]:晴れ
[気温]:最高9.2度(最も寒い時期を下回る)


冬型が緩み穏やかに晴れた青空の下、航空科学博物館へ出掛けてきた。

場所は成田空港の近くで、自宅からは片道40km程あり、現地までは東関道で1時間程の行程だ。

現地少し手前に空の駅という商業施設があったので、寄ってみることにした。

CIMG8414.jpg
※「風和里(ふわり)しばやま」

施設の中心は地元の農産物直売所だが、土産物もあり。情報コーナーやレストランも設置されている。

また、屋外にはコミューター機やシャトルシステム車両が展示されていた。

CIMG8409.jpg
※ビーチB99実験用航空機

CIMG8418.jpg
※成田空港第2ターミナルシャトルシステム

かつて成田空港で運用されていた、空気浮上式移動システムだ。(・〇・)

車輪はなく、圧縮空気で約1mm浮上して、ケーブルで移動していたそうだ。
\(゜□゜)/

10分程で空の駅を後にして、今回目的の航空科学博物館へ向かう。


駐車場に入ると、おなじみのご当地観光マップが設置されていた。( ̄ー ̄)

CIMG8429.jpg
※芝山町。空港南部に位置している。

駐車場敷地内には、「空と大地の歴史館」という施設があったので、先に入ってみた。入館は無料だ。

CIMG8425.jpg

館内は、地域と空港をめぐる歴史的経緯や、そこに関わった様々な立場の人々の想い、空港の現在と未来等が展示されていた。

10分程で歴史館を後にし、いよいよ本命の博物館へ入館する。料金は500円だ。

CIMG8426.jpg

建物は5階建てだが、1F・2Fが展示室で3~5Fは展望施設となっている。

1Fは「ジェット機を知る」というコンセプトで、ボーイング747の各部分や、コクピット、客室等が展示されていた。

シミュレーター体験もできるようになっていて、今回DC-8の静岡コースを体験した。( ̄ー ̄)

2Fは航空機のあゆみや模型の展示と、成田空港のひみつを知ることができる。

一通り展示室を見終わった後、3Fの展望台へ行ってみた。

CIMG8447.jpg
※ジェット機の離陸を間近で眺めることができ、迫力満点だ。

その後、ジェット機が近くに牽引されてくるのが見れた。

CIMG8440.jpg

CIMG8445.jpg
※Cargoと書かれているので、貨物機のようだ

後でネットで調べたところ、博物館近くの空港南部は貨物地区となっていた。

CIMG8449.jpg

CIMG8453.jpg
※巨大な格納庫

続いて、5Fの展望展示室へ登ってみた。ここには、管制機器等が展示されていた。

その後博物館を出て、屋外の展示場へ行ってみた。プロペラ機やヘリコプター等20機程が展示されていた。

CIMG8468.jpg
※YS-11。機内に入ることもできた。

CIMG8476.jpg
※機体にはゆりかもめと書いてあった

更に博物館の裏手に回ると、ボーイング747の機首部分だけが展示されていた。(・〇・)

CIMG8483.jpg
※引退したジャンボ機の実物だそうだ

インストラクターと一緒に機内見学ができるようだ。

今回時間の関係でできなかったが、次回訪れた際には見学してみようと思う。


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉県情報へ
にほんブログ村

川釣り

全く反応なく2釣行連続の撃沈_花見川

平成30年2月4日(日)14:00~16:30

[天候]:西寄りの風中、晴れ
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :やや濁り
 仕掛けの流れ:上流へやや速く


スッキリと晴れた空の下、午後から花見川へ出かけてきた。

日差しタップリだったが風がやや強かったので、釣り場はやや寒かった。

最高気温が久しぶりに2桁となり、若干寒さは緩んでいるが果たしてどうなるか...。


雪が積もってからまだ日が浅く、容易に苦戦が想定できるが、とりあえずいつもの釣り座に入る。

CIMG8397.jpg
※右手からの横風がやや強く、やりづらい

いつものように浮き草周りを狙ってみる。水深は2.0m程でタナは底付近とする。

CIMG8403.jpg

撒きえをしながらしばらく流してみるが、ウキに変化は現れない。

ウキゆっくりと流れるだけで、全くアタリがないまま、1時間半程が過ぎてしまった。

さすがに集中力も途切れてしまったので、一息入れることにした。

CIMG8404.jpg
※てんとう虫が姿を見せた。やはり寒さは緩んでいるのだろう(^_^;)

自販機で暖かい飲み物を買い、10分程で再開する。

しかし、その後も沈黙が続いてしまい、すっかり夕暮れ時になってしまった。

この時点で西の空に雲が掛かって日が陰ってしまい、やや風も強まってしまった。(・〇・)

夕マズメに期待したいところだったが、寒さのため断念し早上がりとなってしまった。

結局まともなアタリは1回もなく、前回に引き続き連続の撃沈に終わってしまった。


[釣果]:ボウズ


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

日常

大多喜城~県民の森~大多喜駅周辺

平成30年2月3日(土)14:00~16:30

[天候]:曇り
[気温]:最高8.1度(最も寒い時期を下回る)


天候が今一つだったので、今日も釣りは控えることとし、大多喜城へ出掛けてきた。

最寄り駅はいすみ鉄道の大多喜駅で、自宅からは片道65km程の行程だ。

やや遠い印象だが、圏央道を使うと現地には1時間ちょっとで着くことができた。

本丸付近まで、車で入ることはできなかった。下の駐車場に止めて、2~300m程歩いて登ることとなる。

CIMG8189.jpg

CIMG8192.jpg

CIMG8205.jpg

CIMG8238.jpg
※天守閣は中央博物館の分館となっている

戦国時代の城主は、徳川四天王の一人とうたわれた家康の重臣、本多忠勝だ。

展示室は四階建てとなっていて、房総の中世・近世の城郭とそれに関わる武器・武具や調度品・古文書、及び武家社会や城下町の生活などに関する資料が展示されている。

現在は、重要文化財の「大薙刀」が特別公開されていた。

CIMG8309.jpg

また、今日は試着体験用の甲冑が館外に展示されていた。(土日祝のみで撮影OK)

CIMG8204.jpg
※左から「武田信玄」「徳川家康」「本多忠勝」「真田幸村」「井伊直政」「伊達政宗」

館内は展示数はさほど多くなかったので、30分程で見て回ることができた。

その後城を後にしたが、城下の大多喜高校にも史跡があるようなので、行ってみることにした。

CIMG8241.jpg
※本丸からこの階段を下りて行く。結構急こう配だ。

階段を下った先は、普通に高校の敷地内だった。(・〇・)

CIMG8258.jpg

大井戸。城主 本多忠勝のときに掘られたといわれている。

周囲17m、深さ20mで、日本で最も大きな井戸の一つに挙げられているそうだ。( ̄ー ̄)

CIMG8244.jpg

薬医門。この門は、現在残されている大多喜城ただ一つの建造物だそうだ。

CIMG8263.jpg

その後駐車場に戻り、県民の森へいってみることにした。

CIMG8301.jpg
※周辺には、このようなのぼりが至る所に設置されていた。ドラマのロケを誘致しているようだ。

CIMG8329.jpg

県民の森の広場には、さまざまな種類の梅が植えられていた。梅の名所なのだろうか。

CIMG8350.jpg

CIMG8356.jpg
※ごく一部のみ開花していた

CIMG8338.jpg
※竹笹園。竹・笹類約80種類を植栽展示している

あまり時間もなかったので、20分程で県民の森を後にして、大多喜駅付近に行ってみることにした。

CIMG8362.jpg

町営駐車場に車を止めた。有料駐車場だが、1時間までは無料だった。

駅周辺は、古い町並みが至る所に残されていた。

重要文化財 渡辺家住宅。江戸時代末期の代表的な商家造りだ。

CIMG8364.jpg

鉄道資料館。昔の鉄道模型が展示されているそうだが、閉館時刻(15:30)に間に合わず入館はできなかった。(^_^;)

CIMG8370.jpg

続いて、駅前のほうにも行ってみた。

大多喜駅。こじんまりとしていてガス灯がシンボルだ。関東の駅100選。

CIMG8374.jpg

CIMG8380.jpg
観光案内所。コーヒーも無料で飲むことができる。( ̄ー ̄)

天然ガス記念館。人は全くおらず受付、照明等は全て自動になっていた。
\(゜□゜)/

CIMG8377.jpg

駅周辺は他にも観光スポットが多いようなので、次回訪れてみたいと思う。


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ
にほんブログ村

プロフィール

英の坊

Author:英の坊
千葉市在住の50代会社員です。
頻度は少ないですが、主に館山・白浜近辺の堤防で浮き釣り、ダンゴ釣りをやっています。近所の花見川でコイ釣りもやっています。また、千葉県内の様々なスポットを訪れて載せていきます。

FC2カウンター
カテゴリ別記事一覧
にほんブログ村 ブログパーツ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | まとめ | Template Design by スタンダード・デザインラボ