FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポット巡り

布施弁天 東海寺、あけぼの山公園

平成30年6月10日(日)14:30~16:30

[天候]:雨、東寄りの風弱
[気温]:最高22.0度(5月中旬並)


台風5号の影響でぐずついた空模様の下、布施弁天 東海寺へ参詣に出掛けてきた。


布施弁天 東海寺は、真言宗豊山派の寺院で弁財天をご本尊としている。

浅草寺弁天山(浅草寺弁天堂)、江島神社弁天堂とともに関東三弁天のひとつに数えられている。


場所は柏市で自宅からは38km程あり、一般道を使い1時間ちょっとで到着した。

布施弁財天駐車場に止めて、正面から境内へ向かう。

CIMH1855.jpg
※参道から少しずれて鳥居が建っていた

楼門。文化7年(1810年)建立。総欅二階建で「最勝閣」と書いてある。

階下に四天王、階上には釈迦三尊を安置している。1階部分は竜宮城の門のような形をしていた。( ̄ー ̄)

CIMH1641.jpg
※県重要文化財に指定されている。

手水舎で清めてから、まずは本堂にお詣りする。

本堂。享保2年(1717年)建立。三方破風造りの総朱塗りで、こちらも県重要文化財に指定されている。

CIMH1655.jpg
※家内安全、交通安全を祈願した。

その後は、境内を一通り見て回ることとした。

鐘楼。文化15年(1818年)建立。県重要文化財。

多宝塔式の総欅造りで、全国でも珍しい造りだそうだ。(・〇・)

CIMH1675.jpg

CIMH1658.jpg
※三重塔。昭和48年建立。

CIMH1652.jpg
※観音堂。

更に本堂裏手には、布施観音像、大日堂、大師堂(弘法大師)等が建立されていた。

その後、本堂左手の受付で御朱印をいただいた。

CIMH1876.jpg
※大辨財天と書かれている。

マップによると、境内とは別の場所にも御堂があるので、お詣りすることとした。

直ぐ近くにあり、歩いて1~2分で到着した。

CIMH1738.jpg

こちらには、4つの御堂が建立されていた。

CIMH1711.jpg
※安産不動明王。安産の守り神。

CIMH1718.jpg
※弘法大師。

CIMH1719.jpg
※大日如来。

CIMH1722.jpg
※薬師如来。

布施弁天 東海寺はここまでとしたが、まだ時間があったので、隣接するあけぼの山公園を散策することとした。


まずは、境内に近い日本庭園から散策してみた。

CIMH1756.jpg

庭園の中心には、茶室(柏泉亭)と茶庭が整備されていた。

CIMH1777.jpg
※茶庭は公開されていて、散策することができた

続いて、公園東側に位置する風車&ハス池に向かう。

CIMH1818.jpg
※風車は固定されていて、残念ながら回転はしていなかった。(^_^;)

ハス池には、沢山のコイが放されていた。(・〇・)

CIMH1822.jpg
※僅かに錦鯉でほとんどが真鯉だった。

最後に公園西側の水生植物園で、花菖蒲を鑑賞してから帰路に就いた。

CIMH1835.jpg
※150種、3500株で、6月中旬まで見ごろとのこと


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉県情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

川釣り

暑さの中出撃も敢え無く撃沈_花見川

平成30年6月9日(土)14:40~19:50

[天候]:東寄りの風中、曇り時々晴れ
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :やや濁り
 仕掛けの流れ:下流へやや速く


曇りがちだが時折晴れ間もある天候の下、午後から花見川へ出かけてきた。

気温が高く湿気も多かったので、釣り場は真夏の蒸し暑さだった。

帰宅後調べてみると最高気温は32.0度で、今年初の真夏日となっていた。(・〇・)

いつもの釣り座に入る。

CIMH1629.jpg
※川面は鏡のように滑らかだった

いつものように浮き草の張り出し先を狙ってみる。水深は2.0m程でタナは底付近とする。

CIMH1631.jpg
※先週から変わらず、やや濁りがある状況だ。

何やらメダカサイズの小魚が水面に群れていた。(・〇・)何かの幼魚だろうか。

撒きえをしながら流してみるが、なかなかアタリは出ない。

小さなアタリもほどんどなく、暑さのせいなのか先週より更に活性が下がったように感じる。

もどかしい状況が続いてしまい、目立ったアタリもないまま2時間程が過ぎてしまった。(・〇・)

さすがに集中力も途切れてしまったので、一息いれることとした。

...
始めは風が無く蒸し暑かったが、程なくして東寄りの風がやや強めに吹いてきたので、凌ぎやすくなった。(^_^;)

状況からすると、寒冷前線が通過したのだと思う。
...

付近を散策してみたが、流れ込みの上流に珍しくぶっ込みの釣り人が入っていた。たぶんコイ狙いかと思う。

飲み物を追加し20分程で再開するが、その後も状況は変わらず、すっかり夕暮れ時となってしまった。

全く釣れる気がしないので、いつものように浮かせ釣りに切り替えてみる。


薄暗くなるまでやってみて、一度だけ食い込みがあり合わせを入れたが、空振りに終わってしまった。


[釣果]:ボウズ


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

スポット巡り

飽冨神社_袖ケ浦

平成30年6月3日(日)14:40~15:10

[天候]:晴れ、南寄りの風弱
[気温]:最高28.5度(7月中旬並)


スッキリと晴れた夏空の下、袖ケ浦市にある飽冨(あきとみ)神社へ参拝してきた。

最寄り駅はJR内房線の袖ヶ浦駅で、自宅からは車で約30km(1時間程)の行程だ。


事前に調べたところ、神社の駐車場はなかったので、袖ヶ浦公園の西駐車場に止めて歩くこととした。

袖ヶ浦公園は、現在花菖蒲が見頃となっているようで、大勢の花見客で賑わっていた。(・〇・)

神社までは直線距離で200m程だったが、遠回りの道しかなく10分近くかかり鳥居に到着した。

CIMH1483.jpg

CIMH1485.jpg

手水舎で清めてから、まずは拝殿で参拝をする。

CIMH1547.jpg

CIMH1489.jpg
※家内安全、交通安全を祈願した


飽冨(あきとみ)神社の創建は、第2代天皇 綏靖天皇の時代で、祭神は倉稲魂命(うかのみたまのみこと)。

現在の社殿は、元治元年(1864)に再建されたもので、市指定文化財に指定されている。

また、この神社は平安時代の法令集である「延喜式」に既にその名が記されている式内社とのこと。

千年以上も前から存在した古社であり、歴史的価値の高い神社となっている。( ̄ー ̄)


CIMH1524.jpg
※拝殿上部には、見事な龍の彫刻が施されていた


その後は、境内を一通り見て回ることとした。

CIMH1516.jpg
※本殿。

CIMH1554.jpg
※境内右手。

CIMH1520.jpg
※境内左手。本殿を取り囲むように末社が祀られている

このような小さな社殿が幾つかあり、その中に1~20の末社が祀られていた。

CIMH1512.jpg

末社は全て合わせると、75社にもなるそうだ。\(゜□゜)/

更に右奥へ進むと、東照宮が祀られていた。

元和八年(1622)建立で、社殿とともに市指定文化財に指定されている。

CIMH1498.jpg

CIMH1500.jpg
※こちらの龍の彫刻も見事だった。

境内左手前には、御神木が祀られていた。

CIMH1532.jpg
※銀杏のようだ

この建築物は何か分からなかった。比較的新しいようだが、何か宝物等を収めているのだろうか。

CIMH1540.jpg

一通り境内を見て回ることができたので、神社を後にした。

CIMH1558.jpg

上総国の式内社は、全部で5社あるようなので、機会があれば他の式内社も参拝してみようと思う。


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉県情報へ
にほんブログ村

堤防釣り

近場で久しぶりの海釣り_長浦港

平成30年6月3日(日)16:20~19:00

[天候]:南寄りの風、晴れ
[場所]:長浦港 航路中央付近
[条件]
 潮  :中潮(姉崎 干潮 13:24、満潮 20:36)
 エサ :オキアミ
 濁り :濁り中
 仕掛けの流れ:右へやや速く


スッキリと晴れた夏空の下、久しぶりに海釣りへ出掛けてきた。

釣り場は近場の長浦港で、昨年11月以来2度目となる。自宅からは約30km(1時間程)の行程だ。

このところ、遠出しての海釣りが億劫になってしまった。(^_^;)


まずは、航路手前の岸壁に寄ってみたが、日曜にしては釣り人が疎らで閑散としていた。(・〇・)

CIMH1563.jpg

あまり良くないのだろうか。その後、前回入ったことのある航路のほうへ移動する。

こちらも釣り人はほとんどおらず、どこでも入れる状況だった。

CIMH1564.jpg
※岸壁側。

CIMH1566.jpg
※航路出口側。出口近くにポツポツと釣り人が入っていた。

今日はあまり時間もないので、ウキ釣りだけでゴロタの先を狙ってみる。

水深は2m程と浅い。潮は濁りが強くよどんでいて、あまり良い感じには見えない。

CIMH1568.jpg

海藻が繁っているので、ウキ下はやや浅く1.5m程でやってみる。

撒きえをしながら流してみると、30分くらいで時々エサが取られるようになった。

そのまま続けていると、程なくしてウキが押さえ込まれるように入ったので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

軽いやり取りで上がってきたのは、20cmのベラだった。( ̄ー ̄)

CIMH1579.jpg

更に続けるが、その後は時々エサが取られるだけで、さっぱりアタリが出ない。

小型のフグが食っているのだろうか。

夕暮れ時までやってみたが、結局アタリはほとんど出ず、ベラ1匹の貧果に終わってしまった。

CIMH1585.jpg

もう少しベラでも釣れるかと思ったが、なかなか思うようにいかないものだ。


[釣果]:ベラ 20cm×1匹


にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

川釣り

活性下がり苦戦も終盤何とか..._花見川

平成30年6月2日(土)14:00~19:30

[天候]:西寄り⇔東寄りの風弱、晴れ時々曇り
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :やや濁り
 仕掛けの流れ:上流⇔下流へゆっくりと


晴れていたがやや雲の多い天候の下、午後から花見川へ出かけてきた。

日差しが強く風も弱かったので、釣り場は夏の暑さだった。

いつもの釣り座に入る。

CIMH1459.jpg

いつものように浮き草の張り出し先を狙ってみる。水深は2.0m程でタナは底付近とする。

CIMH1467.jpg
※先週よりやや濁りが取れた感じだ

撒きえをしながら流してみるが、ハッキリしたアタリは出ない。

たまに小さなアタリはあるが、先週に比べるとかなり活性が下がったように感じる。

もどかしい状況が続いてしまい、目立ったアタリもないまま2時間程が過ぎてしまった。(・〇・)

さすがに集中力も途切れてしまったので、一息いれることとした。


...
今日は日差しが強く風も弱かったので、真夏ほどではないがとても暑い
(^_^;)...


付近を散策した後、飲み物を追加し20分程で再開するが、その後も沈黙が続いてしまった。

17:30頃に1度だけ、ウキのトップが完全に消し込むアタリがあった。

しかし、たまたま竿を置いていたため、合わせを入れることが出来なかった...残念。

その後も状況は変わらず、すっかり夕暮れ時となってしまった。

全く釣れる気がしないので、いつものように浮かせ釣りに切り替えてみる。


しばらく反応が無かったが、少し薄暗くなった頃にようやく綺麗なアタリが出た。

少し下流の浮草周りで食い込んだので、大きく合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、62cmのアベレージサイズを取り込んだ。

CIMH1480.jpg

この時点で仕掛けも見えづらくなっていたので、直ぐに納竿とした。


[釣果]:コイ 62cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

プロフィール

英の坊

Author:英の坊
千葉市在住の50代会社員です。
頻度は少ないですが、主に館山・白浜近辺の堤防で浮き釣り、ダンゴ釣りをやっています。近所の花見川でコイ釣りもやっています。また、千葉県内の様々なスポットを訪れて載せていきます。

FC2カウンター
カテゴリ別記事一覧
にほんブログ村 ブログパーツ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | まとめ | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。