川釣り

ポイント替えが功を奏し数出る_花見川

平成28年12月24日(土)13:50~16:50

[天候]:西寄りの風中、晴れ
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :濁り弱
 仕掛けの流れ:下流へ極ゆっくりと


冬型の気圧配置でスッキリと晴れた空の下、午後から花見川へ出撃した。

日差しタップリだが西寄りの風がやや吹いていたので、釣り場は少し肌寒かった。

亥鼻橋上流で、昨日と同じ釣り座に入る。先客は意外に多く、ヘラ師が3名入っていた。

CIMG5076.jpg
※右手からの横風がやや強く、少々やりづらい

川の濁りも弱く、昨日とほぼ同じような状況だが、果たしてどうなるか...。


まずは、浮き草の張り出しの浅場を狙ってみる。水深は1.5m程で、タナは底付近にとる。

しばらく流してみるが、反応は悪い。たまに小さなアタリが出る程度で、なかなか綺麗なアタリが出ない。

その後も目立ったアタリがないまま、1時間ほどが過ぎてしまった。(・○・)

コイの気配が感じられないので、一つ上流の釣り座へ移動することにした。


少し上流の浮き草付近を狙ってみる。水深は、最初の釣り座とほぼ同じで、
1.5m程だ。

撒きえをしながら流してみると、前のポイントとは打って変わって、直ぐにアタリが出るようになった。

魚の気配を感じたので集中して流していると、直ぐに綺麗なアタリが出た。

少し上流の浮き草付近でウキがスーッと入ったので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、52cmの小型を取り込んだ。

CIMG5090.jpg

更に2匹目を狙って続けるが、その後はやり取りの影響か、アタリが出なくなってしまった。

魚の気配が無くなってしまったので30分程で見切りをつけ、少し下流の浮き草付近にポイントを替えてみることにした。


すると、始めて直ぐにウキがスーッと入ったので、大きく合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、49cmの小型を取り込んだ。

CIMG5094.jpg

その後は状況が一変して、同じポイントで綺麗なアタリが連発し、30分程の間に立て続けに3匹を追釣した。\(゜□゜)/

CIMG5096.jpg
※45cm

CIMG5104.jpg
※45cm

CIMG5106.jpg
※サイズアップして56cm

この時期にしては珍しく、小型の数釣りを堪能することができた。( ̄ー ̄)

その後は、さすがにアタリが遠のいたので、程なくして納竿とした。


[釣果]:コイ 52cm、49cm、45cm、45cm、
        56cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

英の坊

Author:英の坊
千葉市在住の50代会社員です。
頻度は少ないですが、主に館山・白浜近辺の堤防で浮き釣り、ダンゴ釣りをやっています。最近は近所の花見川でコイ釣りも始めました。

FC2カウンター
カテゴリ別記事一覧
にほんブログ村 ブログパーツ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | まとめ | Template Design by スタンダード・デザインラボ