川釣り

玉の柄新調するも昨日ほど活躍できず_花見川

平成28年12月25日(日)13:40~17:00

[天候]:東寄りの微風、晴れ
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :濁り弱
 仕掛けの流れ:下流へ極ゆっくりと


冬型の気圧配置が緩み穏やかな晴天の下、午後から花見川へ出掛けてきた。

日差しタップリで風も弱かったので、釣り場はポカポカ陽気だった。

亥鼻橋上流で、昨日と同じ釣り座に入る。先客は多く、ヘラ師が4名、ルアーマンが2~3名入っていた。

CIMG5126.jpg

先日玉の柄を新調していたので、今まで使っていた玉網に取り付けてみた。

CIMG5113.jpg

[諸元]
 DAIWA ランディングポールⅡ
  全長 5.06m、継数 9本、仕舞寸法 70.5cm
  自重 587g、価格 オープン価格 →9,948円(税込)

CIMG5116.jpg
※全景

柄は70cmと今までよりコンパクトになったが、玉枠が55cmなのでやや頭でっかちになってしまった。( ̄ー ̄)


まずは、少し上流の浮き草付近を狙ってみる。水深は2.0m程だ。

CIMG5135.jpg

しばらく流してみるが、反応が悪い。たまにウキに変化が出る程度で、なかなか綺麗なアタリが出ない。

もどかしい状況が続き、目立ったアタリもないまま1時間ほどが過ぎてしまった。(・○・)

コイの気配が感じられないので、一つ下流の釣り座へ移動することにした。


こちらでも浮き草の張り出し先を狙ってみる。水深は、最初の釣り座とほぼ同じで、2.0m程だ。

撒きえをしながら流してみると、しばらく沈黙が続いていたが、20分ほどで突然ウキがスパッと消し込んだ。\(゜□゜)/

しかし、油断していたため合わせを入れるのが遅れて、空振りに終わってしまった...残念。

気を取り直して続けるが、その後は再び沈黙が続いてしまった。

昨日と条件はあまり変わらないように思うのだが、何故か活性は下がってしまったようだ。

どうにもハッキリしたアタリが出ないので、30分ほどで見切りをつけ元の釣り座へ戻ることにした。


少し下流の浮き草付近(昨日アタリが連発したポイント)や、川の中心付近(水深2.5mほど)を狙ってみるも、状況は変わらなかった。

そうこうしているうちに、すっかり夕暮れ時になってしまった。ここまで、綺麗なアタリは空振りの1回だけで、ボウズの予感が頭をよぎる。(^_^;)

諦めムードが漂っていたが、日が沈んでから時々モジリがでるようになったので、浮かせ釣りに切り替えてみることにした。


川の中心付近の沖目を流していると、少し下流まで流したところで食い込んだので、大きく合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、59cmのアベレージサイズを取り込んだ。

CIMG5141.jpg

その後は、仕掛けが見えづらくなるまでやってみたが、追釣はできなかった。


[釣果]:コイ 59cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

英の坊

Author:英の坊
千葉市在住の50代会社員です。
頻度は少ないですが、主に館山・白浜近辺の堤防で浮き釣り、ダンゴ釣りをやっています。最近は近所の花見川でコイ釣りも始めました。

FC2カウンター
カテゴリ別記事一覧
にほんブログ村 ブログパーツ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | まとめ | Template Design by スタンダード・デザインラボ