川釣り

活性低下と思いきや中盤アタリ出る_花見川

平成29年1月3日(火)13:30~16:30

[天候]:西寄りの風中、晴れ
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :普通
 仕掛けの流れ:下流へ極ゆっくりと


やや風が強く晴れた天候の下、午後から花見川へ出掛けてきた。

風はやや強かったが、日差しがあり気温も高めだったので、釣り場はさほど寒くはなかった。

いつもの釣り座に入る。先客はルアーマンが2、3名、ヘラ師が2名入っていた。

CIMG5193.jpg
※正面左寄りには小さな流れ込みがある

まずは、浮き草の張り出しを狙ってみる。水深は2.0m程で底付近を探ってみる。

浮き草の際を流してみるが、反応は悪い。たまに小さなアタリが出る程度で、なかなか綺麗なアタリは出ない。

もどかしい状況が続き、目立ったアタリもないまま、1時間程が過ぎてしまった。(・○・)

やや集中力が途切れたので一息入れていると、下流のヘラ師が撤収するのが見えた。

いつもより早上がりなので、もしかすると今日は良くないのかもしれない。
(^_^;)

魚の気配が感じられないので、このタイミングで一つ上流の釣り座へ移動することにした。


少し上流の浮き草付近を狙ってみる。水深は2.0m程だ。

しばらく流してみるが、こちらでもウキに変化は現れない。やはり活性が下がっているのだろうか。

全く釣れる気がしないので、少し下流の浮き草付近に狙いを切り替えてみる。


すると、これまでの無反応が嘘のように、1投目から綺麗なアタリが出た。
(・○・)

突然ウキがスーッと消し込んだので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、55cmのアベレージサイズを取り込んだ。

CIMG5200.jpg

更に続けるが、その後はアタリが出ず、魚の気配が無くなってしまった。

しかし、なぜかこの時点で表層の活性が高まり、時々モジリが出るようになったので、一旦浮かせ釣りに切り替えてみた。

すると、程なくして綺麗なアタリが出た。

少し上流の浮き草付近で食い込んだので、大きく合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、56cmのアベレージサイズを取り込んだ。

CIMG5206.jpg

その後は再び反応が無くなり、夕暮れ時までやってみたが、3匹目を上げることはできなかった。


[釣果]:コイ 55cm、56cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

英の坊

Author:英の坊
千葉市在住の50代会社員です。
頻度は少ないですが、主に館山・白浜近辺の堤防で浮き釣り、ダンゴ釣りをやっています。最近は近所の花見川でコイ釣りも始めました。

FC2カウンター
カテゴリ別記事一覧
にほんブログ村 ブログパーツ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | まとめ | Template Design by スタンダード・デザインラボ