日常

茂原市立美術館・郷土資料館へ行ってみた

平成29年9月17日(日)12:30~17:00

[天候]:雨(本降り)
[気温]:最高22.5度(10月中旬並)


台風18号の影響で終日雨の予報だったので、今日は茂原の美術館・資料館まで出掛けてきた。

場所は茂原公園内で、自宅からは片道35km程あり、現地には約1時間ほどで到着した。

駐車場は国道128号の直ぐ脇にあるので、とても分かりやすい。

到着時も本降りで、10月中旬並の気温だったこともあり、少し肌寒いくらいだった。


駐車場から入ると、まず1段高まったところに大きな池がある。

CIMG6667.jpg
※池の真ん中の島には御堂が建てられている

池の脇に案内板が設置されていて、茂原市の愛らしいキャラクター「モバりん」が迎えてくれた。(^_^;)

「モバりん」は、七夕まつりのマスコットキャラクターとして誕生したことから、七夕飾りを手に持ち髪の毛は天の川で出来ているそうだ。( ̄ー ̄)

CIMG6741.jpg
※目的の資料館は最奥に配置されている

早速、池の脇の遊歩道を進む。遊歩道には桜が植えてあり、灯篭が設置されていた。

CIMG6674.jpg
※天候不良のためか、人通りはまばらだった

きっと桜の時期には、夜桜を楽しむことができるのだろう。( ̄ー ̄)

島には弁天橋が掛かっていて、御堂にお参りすることができる。

CIMG6716.jpg

CIMG6725.jpg
※御堂正面

御堂には弁財天が奉られているそうで、琵琶湖の弁財天(日本三弁財天)に縁があるとのこと。

CIMG6721.jpg

更に進むと、広場が広がっていて子供向けの遊具も設置されていた。

CIMG6682.jpg

公園の両サイドは、鬱蒼とした杉林に覆われている。

CIMG6698.jpg

広場を過ぎると、奥まったところにようやく美術館・資料館が見えてきた。

CIMG6687.jpg

CIMG6691.jpg
※現在は内海泰 日本画展が開催されている

入館は無料で、1Fは美術館と資料館に分かれていて、2Fは市民ギャラリーとなっている。

内海泰(うつみ とおる)は、昭和13年 千葉県出身の日本画家で、日展で特選受賞されている。

サルや鳥をモチーフとして、その神秘性や規律性を表現したユニークな作風として知られている。

現在は茂原市に在住されているそうだ。


展示数はあまり多くはなかったので、館内は30分ほどで観て廻ることができた。

一息入れてから美術館・資料館を後にしたが、雨脚は変わらなかった。

途中、電話ボックスあったので目をやると、何とネコが雨宿りをしていた。
(・○・)

CIMG6711.jpg
※慣れていて、扉を開けても逃げることはなかった

その後、池のところまで戻ると、崖の中腹に銅像が建てられているのが目に付いた。

CIMG6735.jpg
※麻生誠一先生と刻まれている

帰ってからネットで調べてみたところ、この方は麻生 一亭 (あそう いってい) という郷土の書家だった。

青少年の教育振興と地方文化向上に貢献されたそうだ。郷土資料館にも収蔵作品があったようだ。


総行程1時間半ほどで、元の入口付近までもどることができた。

CIMG6743.jpg

途中、何箇所か階段があり、丘陵の尾根に続く遊歩道に登ることができるようだった。

展望広場や展望デッキがあるようなので、次回はこちらにも足を伸ばしてみたいと思う。


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

英の坊

Author:英の坊
千葉市在住の50代会社員です。
頻度は少ないですが、主に館山・白浜近辺の堤防で浮き釣り、ダンゴ釣りをやっています。最近は近所の花見川でコイ釣りも始めました。

FC2カウンター
カテゴリ別記事一覧
にほんブログ村 ブログパーツ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | まとめ | Template Design by スタンダード・デザインラボ