川釣り

久しぶりにウキ釣りで形を見る_花見川

平成29年11月5日(日)13:30~17:00

[天候]:東寄りの微風、晴れ
[場所]:花見川
[条件]
 エサ :食パン
 濁り :やや澄み
 仕掛けの流れ:下流へ極ゆっくりと


スッキリと晴れ渡った青空の下、午後から花見川へ出撃した。

日差したっぷりで風も弱かったので、釣り場は快適な陽気だった。


今日は、久しぶりに亥鼻橋の様子を見に行ってきた。

まだ、新しい橋は作られておらず、古い橋脚には増水で流された大量の浮き草が引っ掛かっていた。

CIMG7132.jpg
※土手が崩落したのか、補強工事がされていた

冬によく通っていた、上流の釣り場に足を進めてみる。釣り人は、手前と対岸のヘラ師が1名づつ入っていた。

8月に訪れた時は、道まで雑草に覆いつくされていたが、車が通れるくらいにスッキリしていた。

CIMG7139.jpg

川岸を覆いつくしていた大量の浮き草も、増水でかなり流されてスッキリしていた。

CIMG7135.jpg
※この先浮き草は増えないので、冬には釣り座が確保できそうだ

30分ほどで亥鼻橋を後にし、いつもの釣り場へ移動する。


いつもの釣り座に入る。川面は鏡のようで、とてもやりやすかった

CIMG7163.jpg

CIMG7158.jpg

撒きえをしながら流してみるが、しばらくアタリはなかった。

魚が寄るまで少し時間が掛かってしまったが、1時間ちょっとでようやく綺麗なアタリが出た。

ウキがスーッと入ったので、大きく合わせて針掛かりさせた。

その後の突っ込みを竿でためきれず、対岸付近までラインを出されてしまった。(・○・)

グングンと強い引きで締め込み、なかなか寄せる事ができない。

寄せては出してを繰り返し、2~3分のやり取りで71cmの良型を取り込んだ。

CIMG7150.jpg
※ウキ釣りでの釣果は約2ヶ月ぶりだ

更に続けるが、やり取りの影響でアタリが遠のいてしまった。

その後は目立ったアタリもなく、すっかり夕暮れ時になってしまった。

しかし、時々モジリが出るようになってきたので、浮かせ釣りに切り替えることにした。


撒きえをしながら流してみると、程なくして綺麗なアタリがでた。

下流の浮き草周りで食い込んだので、ビシッと合わせて針掛かりさせた。

少々のやり取りで、62cmのアベレージサイズを取り込んだ。

CIMG7177.jpg

この時点で仕掛けも見えづらくなっていたので、直ぐに納竿とした。


[釣果]:コイ 71cm、62cm


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

英の坊

Author:英の坊
千葉市在住の50代会社員です。
頻度は少ないですが、主に館山・白浜近辺の堤防で浮き釣り、ダンゴ釣りをやっています。最近は近所の花見川でコイ釣りも始めました。

FC2カウンター
カテゴリ別記事一覧
にほんブログ村 ブログパーツ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | まとめ | Template Design by スタンダード・デザインラボ