FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常

山武市歴史民俗資料館~伊藤左千夫生家

平成29年12月24日(日)14:50~15:20

[天候]:曇り後晴れ
[気温]:最高11.1度(12月下旬並)


どんよりとした曇り空の下、山武市歴史民俗資料館へ出掛けてきた。

場所は総武本線 成東駅の近くだ。

自宅からは片道35kmほどあり、現地には1時間ちょっとで到着した。

駐車スペースには、大きな山武市のガイドマップが設置されていた。

CIMG7405.jpg

国道126号が、ピンク色で「ストロベリーロード」と表示されていた。

来る途中、イチゴ狩りの施設も何か所かあったが、山武市はイチゴが特産品のようだ。( ̄ー ̄)

例のごとく、ご当地のキャラクターを調べてみたところ、やはりイチゴがイメージされていた。(^_^;)

■山武市マスコットキャラクター『SUNムシくん』
http://www.city.sammu.lg.jp/soshiki/14/sunmushikun-prof.html
※イチゴをイメージしていたが、ベースはてんとう虫だった

資料館は2階建てとなっていた。入館料は130円だった。

CIMG7399.jpg

CIMG7393.jpg
※定番の顔出しパネルもあり

1階は事務所となっていて、4~5人の職員が勤務していた。メインの展示は2階だ。

伊藤左千夫の生涯と作品、遺品、同人たちとの関わりを示す資料等が展示されていた。

展示は、伊藤左千夫に因んだものがほとんどで、伊藤左千夫記念館といった趣きだった。

ちなみに代表作「野菊の墓」を原作とした映画が、松田聖子の初主演作として1981年に公開されている。( ̄ー ̄)

映画の関連の資料もいくつか展示されていた。


資料館の奥には、伊藤左千夫の生家が保存されていた。

CIMG7377.jpg
※県指定史跡とのこと。英語の案内もあり

CIMG7379.jpg
※全景

土間に入ることはできたが、座敷には上がれなかった。

CIMG7383.jpg

CIMG7382.jpg
※裏手には土蔵もあり

CIMG7386.jpg
※茶室「唯真閣(ゆいしんかく)」

前庭には、「野菊の墓」映画化された際に記念して、植樹がされたようだ。

CIMG7391.jpg
※松田聖子の名前が刻まれていた

小規模な施設だったので、30分ほどで一通り見て回ることができ、現地を後にした。


にほんブログ村 釣りブログ 鯉釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 千葉釣行記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 波止釣りへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

英の坊

Author:英の坊
千葉市在住の50代会社員です。
頻度は少ないですが、主に館山・白浜近辺の堤防で浮き釣り、ダンゴ釣りをやっています。近所の花見川でコイ釣りもやっています。また、千葉県内の様々なスポットを訪れて載せていきます。

FC2カウンター
カテゴリ別記事一覧
にほんブログ村 ブログパーツ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | まとめ | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。