日常

空の駅 風和里~航空科学博物館

平成30年2月9日(金)14:00~16:20

[天候]:晴れ
[気温]:最高9.2度(最も寒い時期を下回る)


冬型が緩み穏やかに晴れた青空の下、航空科学博物館へ出掛けてきた。

場所は成田空港の近くで、自宅からは片道40km程あり、現地までは東関道で1時間程の行程だ。

現地少し手前に空の駅という商業施設があったので、寄ってみることにした。

CIMG8414.jpg
※「風和里(ふわり)しばやま」

施設の中心は地元の農産物直売所だが、土産物もあり。情報コーナーやレストランも設置されている。

また、屋外にはコミューター機やシャトルシステム車両が展示されていた。

CIMG8409.jpg
※ビーチB99実験用航空機

CIMG8418.jpg
※成田空港第2ターミナルシャトルシステム

かつて成田空港で運用されていた、空気浮上式移動システムだ。(・〇・)

車輪はなく、圧縮空気で約1mm浮上して、ケーブルで移動していたそうだ。
\(゜□゜)/

10分程で空の駅を後にして、今回目的の航空科学博物館へ向かう。


駐車場に入ると、おなじみのご当地観光マップが設置されていた。( ̄ー ̄)

CIMG8429.jpg
※芝山町。空港南部に位置している。

駐車場敷地内には、「空と大地の歴史館」という施設があったので、先に入ってみた。入館は無料だ。

CIMG8425.jpg

館内は、地域と空港をめぐる歴史的経緯や、そこに関わった様々な立場の人々の想い、空港の現在と未来等が展示されていた。

10分程で歴史館を後にし、いよいよ本命の博物館へ入館する。料金は500円だ。

CIMG8426.jpg

建物は5階建てだが、1F・2Fが展示室で3~5Fは展望施設となっている。

1Fは「ジェット機を知る」というコンセプトで、ボーイング747の各部分や、コクピット、客室等が展示されていた。

シミュレーター体験もできるようになっていて、今回DC-8の静岡コースを体験した。( ̄ー ̄)

2Fは航空機のあゆみや模型の展示と、成田空港のひみつを知ることができる。

一通り展示室を見終わった後、3Fの展望台へ行ってみた。

CIMG8447.jpg
※ジェット機の離陸を間近で眺めることができ、迫力満点だ。

その後、ジェット機が近くに牽引されてくるのが見れた。

CIMG8440.jpg

CIMG8445.jpg
※Cargoと書かれているので、貨物機のようだ

後でネットで調べたところ、博物館近くの空港南部は貨物地区となっていた。

CIMG8449.jpg

CIMG8453.jpg
※巨大な格納庫

続いて、5Fの展望展示室へ登ってみた。ここには、管制機器等が展示されていた。

その後博物館を出て、屋外の展示場へ行ってみた。プロペラ機やヘリコプター等20機程が展示されていた。

CIMG8468.jpg
※YS-11。機内に入ることもできた。

CIMG8476.jpg
※機体にはゆりかもめと書いてあった

更に博物館の裏手に回ると、ボーイング747の機首部分だけが展示されていた。(・〇・)

CIMG8483.jpg
※引退したジャンボ機の実物だそうだ

インストラクターと一緒に機内見学ができるようだ。

今回時間の関係でできなかったが、次回訪れた際には見学してみようと思う。


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉県情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

英の坊

Author:英の坊
千葉市在住の50代会社員です。
頻度は少ないですが、主に館山・白浜近辺の堤防で浮き釣り、ダンゴ釣りをやっています。近所の花見川でコイ釣りもやっています。また、千葉県内の様々なスポットを訪れて載せていきます。

FC2カウンター
カテゴリ別記事一覧
にほんブログ村 ブログパーツ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | まとめ | Template Design by スタンダード・デザインラボ