FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポット巡り

下総歴史民族資料館~小御門神社~龍正院

平成30年2月18日(日)14:00~16:00

[天候]:冬晴れ、季節風強く寒い
[気温]:最高9.1度(最も寒い時期を下回る)


冬型が強まり季節風が強い冬晴れの下、下総歴史民族資料館へ出掛けてきた。

事前に調べたところ、付近に小御門(こみかど)神社と龍正院というパワースポットがあったので、行ってみることにした。

最寄り駅は成田線 滑河(なめがわ)で、自宅からは片道43km程あり、現地には1時間半くらいで到着した。

滑河の駅前通りには、小御門神社の赤い大鳥居がある。(・〇・)

CIMG8741.jpg
※高さは15mくらいあるだろうか

ここから資料館までは車で5分程だ。資料館は下総運動公園内に設置されており、入館は無料だ。

CIMG8743.jpg

CIMG8753.jpg

この資料館は、下総地区で出土した考古資料や、民俗資料などを中心として常設展示されている。

また、古墳から出土した副葬品や古代の復元家屋、江戸時代の高岡陣屋模型の展示も見ることができる。

そして、昔の農具や魚具、玩具、生活用品などの展示を通じて、昔の人々の生活を知ることもできる。

なお、現在は「縄文時代展 ~採る・食べる・祈る~」が企画展示されていた。(2/25まで)

CIMG8758.jpg

小規模だったので30分程で見て回ることができた。資料館を後にして小御門神社へ向かうことにする。

CIMG8762.jpg
※併設の公民館に展望台があったが、故障中で残念ながら登れなかった
(^_^;)


資料館からは車で5分程と近い。程なくして、道路に面した入り口の大鳥居が見えてきた。

CIMG8765.jpg
※石碑には「別格官幣社」と刻まれている

境内は豊かな森林に囲まれていて、県の天然記念物に指定されている。

CIMG8763.jpg

小御門神社は、後醍醐天皇の忠臣贈太政大臣 藤原師賢公(ふじわらのもろかたこう)をお祀りしているそうだ。

航空や交通安全にご利益のある「身代わりの神」、病気平癒や事業回復に御利益のある「回復の神」、また「学芸の神」として信仰されている。

CIMG8771.jpg
※手水舎

CIMG8772.jpg
※拝殿

参拝を済ませてから神社を後にし、最後の目的地である龍正院(滑河観音)へ向かうこととする。

こちらも車で5分程と近く、程なくして到着した。

CIMG8776.jpg

天台宗の寺院で本尊は十一面観世音菩薩、坂東三十三観音霊場の第28番札所となっている。

仁王門は国の重要文化財に指定されている。( ̄ー ̄)

CIMG8779.jpg
※大注連縄が奉納されている

本堂は県の有形文化財に指定されている。

CIMG8781.jpg
※銅板葺きだ

境内には、他にも様々な文化財があった。

CIMG8806.jpg
※銅造宝篋印塔。県有形文化財。

芭蕉の句碑と夫婦松。成田市指定文化財。

CIMG8815.jpg

CIMG8820.jpg
※「観音のいらか見やりつ華の雲」の芭蕉の句が刻まれている

しもふさ七福神のひとつ 毘沙門天

CIMG8800.jpg
※七福神巡りの参拝者も多いという

更に境内の裏手に回ると、天満神社、金比羅神社、熊野神社、白山神社、稲荷神社と、五つもの神社が並んでいた。(・〇・)

CIMG8789.jpg

様々な文化財を堪能できたところで、お寺を後にし帰路に就いた。


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉県情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
プロフィール

英の坊

Author:英の坊
千葉市在住の50代会社員です。
頻度は少ないですが、主に館山・白浜近辺の堤防で浮き釣り、ダンゴ釣りをやっています。近所の花見川でコイ釣りもやっています。また、千葉県内の様々なスポットを訪れて載せていきます。

FC2カウンター
カテゴリ別記事一覧
にほんブログ村 ブログパーツ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | まとめ | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。