FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポット巡り

北総小江戸紀行 ~佐原~

平成30年3月17日(土)13:30~16:30

[天候]:晴れ、北東の風弱
[気温]:最高11.3度(3月上旬並)


冬晴れで肌寒い天候の下、北総の小江戸とも呼ばれている佐原へ出掛けてきた。

最寄り駅は成田線の佐原駅で、自宅からは片道58km程だったが、高速を使うと1時間ちょっとで到着した。

町並み観光駐車場に車を止めて、まずは伊能忠敬記念館へ向かう。入館料は500円だ。

CIMG9600.jpg

伊能忠敬は佐原出身で、江戸時代に日本国中を測量してまわり、初めて実測による日本地図を完成させた人物だ。( ̄ー ̄)

館内では佐原時代の前半生、全国測量の行程と伊能図の数々が展示されている。

30分程で一通り見学し、続いて伊能忠敬旧宅へ行ってみることとする。

旧宅は、小野川を挟んだ対岸に位置しており、国指定史跡となっている。
( ̄ー ̄)

CIMG9603.jpg
※木造の樋橋(とよはし)を渡る

CIMG9606.jpg
※正面に荷揚げ場があるが、今は観光船の乗り場になっている

CIMG9614.jpg
※立派な母屋。敷地内には水路もある。

その後はレトロな雰囲気が漂う、小野川沿いを散策してみることにした。

江戸時代~佐原は水運を利用して栄え、その面影を残す町並みが小野川沿いに残っている。

このような歴史的景観を残す取組みが認められ、この辺りは「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されている。(・〇・)

CIMG9607.jpg
※伝統的な商家が建ち並ぶ。当時にタイムスリップしたようだ

CIMG9632.jpg
※観光案内所もレトロな造りとなっている

CIMG9635.jpg
※更に郵便ポストもレトロな丸形となっていた

小野川は、このようなサッパ舟風の観光船で巡ることもできる。料金は1,300円だ。

CIMG9621.jpg

数は少ないが、時折大型のコイが姿を見せていた。大きいものは、目測で80cm以上ありそうだった。

CIMG9644.jpg

直ぐに釣りのことを考えてしまうが、これくらいのやつが掛かれば、強烈な引きを楽しめそうだ。(^_^;)

小野川沿いはここまでとし、続いて山車会館へ向かうこととする。


途中、佐原町並み交流館で一息入れる。

交流館隣の三菱館。旧三菱銀行佐原支店で大正3年竣工。県内有数の洋風建築として知られ、県有形文化財に指定されている。

CIMG9653.jpg

CIMG9682.jpg
※交流館。伝統工芸品等が展示されている。

10分程で交流館を後にし、徒歩5分程で山車会館に到着した。入館料は400円だ。

CIMG9660.jpg

館内は吹き抜けとなっていて、巨大な山車が2台展示されていた。

CIMG9669.jpg

佐原の山車には、天上部に日本神話など歴史上の人物の大人形が飾り付けられている。

大人形は身の丈5mに及び、山車全体では高さ9m近くにもなるそうだ。
\(゜□゜)/

また、ビデオシアターでは佐原の大祭を放映していて、祭の熱気と興奮を体感することができた。( ̄ー ̄)


この時点でまだ時間があったので、最後に観福寺へ参拝してから帰路に就くこととした。

少し離れているので一旦駐車場へ戻り、車で移動とする。5分程の行程で到着した。

観福寺は真言宗の寺院で、日本厄除け三大師の一つに数えられる北総の名刹だ。

4躯の銅造仏が重要文化財に指定されていて、伊能忠敬の墓所もある。

CIMG9691.jpg
※山門

CIMG9698.jpg
※本堂

CIMG9701.jpg
※不動堂

CIMG9709.jpg
※観音堂

CIMG9714.jpg
※鐘楼堂

CIMG9711.jpg
※毘沙門堂

CIMG9717.jpg
※伊能忠敬の墓所


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉県情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

英の坊

Author:英の坊
千葉市在住の50代会社員です。
頻度は少ないですが、主に館山・白浜近辺の堤防で浮き釣り、ダンゴ釣りをやっています。近所の花見川でコイ釣りもやっています。また、千葉県内の様々なスポットを訪れて載せていきます。

FC2カウンター
カテゴリ別記事一覧
にほんブログ村 ブログパーツ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | まとめ | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。