FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポット巡り

葛飾八幡宮~現代産業科学館

平成30年5月23日(水)13:50~16:20

[天候]:雨、南東の風弱
[気温]:最高22.2度(5月中旬並)


昼過ぎからの雨でぐずついた空模様の下、葛飾八幡宮へ参拝に出掛けてきた。


葛飾八幡宮は、

息長帯姫命(おきながたらしひめのみこと、神功皇后(じんぐうこうごう))

誉田別命(ほむだわけのみこと、應神天皇(おうじんてんのう))

玉依姫命(たまよりひめのみこと)

を御祭神としており、下総国の総鎮守八幡宮だ。

厄除開運・安産・育児守護・縁結びのご利益があるそうだ。


最寄り駅はJR本八幡駅で、駅から歩いて5分程で一の鳥居に到着した。

DSC_3277.jpg

更に100m程進むと、京成線の踏切のすぐ先が二の鳥居となっていた。

DSC_3280.jpg

更に50m程進むと、随神門が見えてきた。銅板葺きで、鮮やかな朱塗りの門だ。(・〇・)

DSC_3281.jpg
※市指定有形文化財

元は江戸時代にあった、八幡山法漸寺の仁王門だったそうだ。

仁王像は市川市本行徳の海厳山徳願寺に移され、現在は随神として左大臣と右大臣が配されている。

更に奥へ進むと、神門に到着した。

DSC_3288.jpg

まずは、拝殿でお参りをする。

DSC_3292.jpg
※家内安全、交通安全を祈願した。

その後は、境内を一通り見て回ることとした。

DSC_3294.jpg
※鐘楼堂。

神社に鐘楼とは不思議に思ったが、こちらも八幡山法漸寺の遺物とのことだ。なるほど。( ̄ー ̄)

手前には、幾つかの石が並んでいた。

力石。昔、この約170キロの石を担いで御社殿を一周し、力を競いあったそうだ。\(゜□゜)/

DSC_3297.jpg

DSC_3299.jpg
※駒どめの石。

源頼朝公が参拝した折、頼朝公の馬がこの石に前脚を掛け、ひづめの跡を残したと伝えられている。

千本公孫樹(いちょう)。御神木で国の天然記念物に指定されている。

DSC_3302.jpg
※樹高22m。目通り10.8m。推定樹齢は千二百年を超える。(・〇・)

根本は、多数の樹幹が寄り集まって、まるで一本の大樹が伸びているように見えている。

DSC_3304.jpg



DSC_3307.jpg
※神輿庫。その名の通り、中には神輿が保管されていた。

DSC_3311.jpg
※神楽殿。

DSC_3314.jpg
※清明館。斎館に弓道場が併設されている。

その後、御朱印をいただいた。

CIMH1305.jpg

葛飾八幡宮はここまでとしたが、まだ時間があったので、現代産業科学館に行ってみることとした。

現代産業科学館は、ニッケコルトンプラザの南側に位置しており、徒歩15分程で到着した。

DSC_3321.jpg
※入館料は300円だ。

現代産業科学館は、だれもが産業に応用された科学技術を体験的に学ぶことのできる場として設置された。

常設展示のほか、さまざまな実験や工作教室などのイベントが開催されている。


科学館は3つのコンセプトで展示されている。

1F創造の広場。さまざまな科学の原理、現象を体験することが出来る。

DSC_3367.jpg
※今回、右手の放電実験室で、3種類の放電実験を体験した。

1F先端技術への招待。エレクトロニクス、新素材などの先端技術を紹介している。

DSC_3326.jpg
※今回、右奥の実験シアターで、超電導実験を体験した。

2F 現代産業の歴史。電力、石油、鉄鋼産業について、歴史・技術を紹介している。

DSC_3343.jpg
※製鉄、発電、石油化学などについて、学ぶことが出来た。

一通り見て回ったところで閉館時刻となったので、科学館を後にし帰路に就いた。


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉県情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

英の坊

Author:英の坊
千葉市在住の50代会社員です。
頻度は少ないですが、主に館山・白浜近辺の堤防で浮き釣り、ダンゴ釣りをやっています。近所の花見川でコイ釣りもやっています。また、千葉県内の様々なスポットを訪れて載せていきます。

FC2カウンター
カテゴリ別記事一覧
にほんブログ村 ブログパーツ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | まとめ | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。