FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポット巡り

稲毛浅間神社~付近スポット散策

平成30年6月30日(土)13:30~15:00

[天候]:晴れ、南西の風中
[気温]:最高31.8度(最も暑い時期を上回る)


梅雨が明けて厳しい暑さの中、稲毛浅間神社へ参拝に出掛けてきた。


稲毛浅間神社は、木花咲耶姫命(このはなのさくやひめのみこと)を主祭神としている。

安産子育ての神様なので、安産祈願、初宮詣、七五三詣でお参りする方が多い神社だ。

大同3年(808年)平城天皇の時代に、富士山本宮浅間大社の御分霊を奉斎したのが起源とされている。

境内の老松は千葉市の天然記念物に指定されていて、千葉市の名所の一つとなっている。( ̄ー ̄)


駐車場に車を止めて、境内へ向かう。

CIMH2206.jpg
※御神門。とても綺麗なので、最近建立されたのではないだろうか。

すぐ先の手水舎で清めてから、社殿へ向かう。

拝殿。こちらも比較的新しく、昭和41年建立(消失→再建)とのこと。

CIMH2080.jpg
※家内安全、交通安全を祈願した。

参拝を済ませた後、右手の社務所で御朱印を頂いた。

CIMH2232.jpg

この日はとても暑かったせいか、社務所の軒下からはミストが噴出されていた。(・〇・)

CIMH2091.jpg

その後は、境内を一通り見て回ることとした。

神楽殿。県指定文化財で現在、元日等の年3回神楽が演じられるそうだ。

CIMH2082.jpg

境内周辺には、幾つかの末社が祀られていた。

CIMH2102.jpg
※稲荷神社。宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)。商売繁昌・財運の神。家運隆昌・稲運の神。

CIMH2111.jpg
※大宮神社。大山祇神(おおやまつみのかみ)。海上安全の神。

CIMH2126.jpg
※八坂神社。須佐之男命(すさのおのみこと)。病気退散の神。

後になってしまったが、参道の鳥居にも行ってみた。

CIMH2129.jpg
※二の鳥居

一の鳥居までの参道は、国道14号(片側3車線)で分断されていた。(・〇・)

CIMH2131.jpg
※一の鳥居

更に裏手の参道にも行ってみた。

CIMH2215.jpg
※厳島神社。市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)。芸能の神・福の神・水の神・商売繁昌の神。

この末社は、社殿が池の中に建立されていて、橋を渡ってお参りする。

CIMH2216.jpg

CIMH2221.jpg
※小御嶽社。磐長姫命(いわながひめのみこと)。延命長寿の神。

一通り見て回ることができたので、付近のスポットを散策してから帰路に就いた。


■千葉市ゆかりの家・いなげ

昭和12年、清朝のラストエンペラー「愛新覚羅溥儀」の実弟の溥傑夫妻が、半年ほどこちらに居を構え、新婚生活を送っている。

保養地としての稲毛の歴史を今に伝える貴重な和風別荘建築として、千葉市地域有形文化財(建造物)に登録されている。

CIMH2138.jpg
※主屋。ちょっと小高い場所にある。

CIMH2168.jpg
※主屋内部。ほぼ和風だが、一部洋間もあり。

■千葉市民ギャラリー・いなげ

黒松に囲まれた静かな庭園にある、地域アート・文化の拠点で、市民によるさまざま展覧会、講座が企画、開催されている。

本館。現在は、第15回水彩画クラブひかりの展覧会が開催されていた。(~7/1まで)

CIMH2174.jpg

庭園の池には、小ぶりの錦鯉(40cm前後)が飼われていた。

CIMH2179.jpg

隣の旧神谷伝兵衛稲毛別荘にも行ってみたが、耐震改修工事に伴い休館となっていた...残念。(^_^;)

CIMH2189.jpg
※日本のワイン王・神谷伝兵衛の別荘で、大正7年に建てられた洋館。国登録有形文化財。


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 千葉県情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
プロフィール

英の坊

Author:英の坊
千葉市在住の50代会社員です。
頻度は少ないですが、主に館山・白浜近辺の堤防で浮き釣り、ダンゴ釣りをやっています。近所の花見川でコイ釣りもやっています。また、千葉県内の様々なスポットを訪れて載せていきます。

FC2カウンター
カテゴリ別記事一覧
にほんブログ村 ブログパーツ
検索フォーム
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR

Page Top
Powered by FC2 Blog | まとめ | Template Design by スタンダード・デザインラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。